クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「カローラ クロス」に続け!? 海外で販売中(間近)だけど日本未導入の有望株

2021.12.01 デイリーコラム

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの「トヨタ・カローラ クロス」だが、まずはタイで発売され、その後に国内導入されたのはご承知の通り。世界にはまだまだ日本未導入の有望株がたくさんあるはずだ。モータージャーナリストが厳選した6モデルを紹介する。

人気必至の日本ブランド車

【トヨタ・アイゴ クロス】
意外と同業者の評価が高かったのが、トヨタが欧州で発表したAセグメントのコンパクトカー「Aygo X(アイゴ クロス)」だ。先代モデルはフロントグリルに大きく「X」をあしらった大胆なデザインだったが、2021年11月に発表された新世代モデルではあっと驚くクロスオーバー仕立てとなった。プラットフォームは「ヤリス」と同じTNGAの「GA-B」で、1リッター3気筒エンジンを搭載する全長3.7mのボディーにキャンバストップを採用。かわいらしいルックスは日本でも受けるのではないだろうか。

【インフィニティQX50】
日産の日本未導入モデルで、ぜひとも日本に持ち込んでほしいのがインフィニティの「QX50」だ。プレミアムな雰囲気をまとったミッドサイズSUVということで、「エクストレイル」の上位モデルにふさわしい。そして、なによりも注目してほしいのが搭載する「VCターボ」エンジンだ。これは世界初となる量産型の可変圧縮比エンジンであり、ガソリンターボのパワーとディーゼルのような力強いトルク、優れた燃費性能を高い次元でバランスさせている。日産の高い技術力の象徴にもなることだろう。

【マツダCX-50】
マツダが先だって発表したばかりの北米向けSUV「CX-50」は、アメリカ市場向けということもあって、ワイドなボディーでアウトドアテイストが強められたモデルだ。プラットフォームなどの中身は、FFレイアウトの「CX-5」と共用という。日本で使うには少し大きいかもしれないが、タフで力強いCX-50を受け入れる層は、日本にも一定数いるはず。マツダの間口を広げるためにも、日本導入を期待したい。

クロスオーバー仕立てに生まれ変わり、車名に“クロス”が付いた「トヨタ・アイゴ クロス」。欧州では間もなく発売予定。
クロスオーバー仕立てに生まれ変わり、車名に“クロス”が付いた「トヨタ・アイゴ クロス」。欧州では間もなく発売予定。拡大
かつて日本でも販売されていた「スカイラインクロスオーバー(インフィニティEX)」の後継にあたる「インフィニティQX50」。
かつて日本でも販売されていた「スカイラインクロスオーバー(インフィニティEX)」の後継にあたる「インフィニティQX50」。拡大
タフネスを強調したスタイルがすてきな「マツダCX-50」だが、日本では当面、現行の「CX-5」が主力になるという。
タフネスを強調したスタイルがすてきな「マツダCX-50」だが、日本では当面、現行の「CX-5」が主力になるという。拡大

ラングラーが売れるんだから!?

【ポールスター2】
欧米の電気自動車(EV)の先兵といえばテスラが有名だ。しかし、個人的にはボルボによるプレミアムEVブランドのポールスターも、かなりいい線をいっているのではないかと思う。まず、近年のボルボの製品は、どれも非常に評価が高い。積み重ねてきた歴史などから考えて、クルマという乗り物をつくる力は、テスラなどよりもボルボのほうが圧倒的に上だ。小規模メーカーのボルボは小回りが利くし、親会社はEVに熱心な中国の企業でもある。現在販売している「ポールスター2」もいいし、アメリカで生産される次世代モデル「ポールスター3」も要注目。日本に導入されれば、テスラといい勝負になるのではないだろうか。

【シトロエンAMI】
シトロエンが欧州で販売するマイクロEVが「AMI(アミ)」だ。全長はわずか2.41m、幅は1.39mの2人乗り。低速走行しかできない代わりに低価格であり、しかも飛びきりユニークなデザインを特徴とする。日本で言えば軽自動車よりも小さいトヨタの「C+pod(シーポッド)」と同様の存在だ。もしも、日本で軽自動車以下の新規格が普及したとすれば、シトロエンのAMIも日本で売れる可能性が生まれる。観光に使おうというのであれば、生真面目なトヨタ車よりも、AMIに乗りたがる人の方が多いのではないだろうか。AMIが走れば街も華やぐことだろう。ぜひとも日本導入を実現してほしい。

【フォード・ブロンコ】
最後の1台は、フォードのSUV「ブロンコ」。2020年にアメリカにて24年ぶりの復活を遂げた、コテコテのオフローダーだ。搭載されるエンジンは2.3リッター直4と、2.7リッターのV6。全幅が1928mmもあるのが難だが、そのぶん、迫力は満点。3ドアで約4.4m、5ドアでも約4.8mと、全長がそれほど大きくないのはいいところだ。「日本市場でアメリカのオフローダー?」と思う人もいるかもしれないが、日本では「ジープ・ラングラー」が売れまくっている。ラングラーのライバルとして、もしもブロンコがあれば、きっといい勝負になったはずだ。

(文=鈴木ケンイチ/写真=トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、ポールスター、ステランティス、フォード/編集=藤沢 勝)

当初は前後軸にモーターを備えた4WD車のみだった「ポールスター2」だが、2021年4月にFWD車が追加された。
当初は前後軸にモーターを備えた4WD車のみだった「ポールスター2」だが、2021年4月にFWD車が追加された。拡大
シトロエンのマイクロEV「AMI」。本国では交通安全証明書を所持していれば、14歳から運転できるという。
シトロエンのマイクロEV「AMI」。本国では交通安全証明書を所持していれば、14歳から運転できるという。拡大
スタイリングのよさから日本でも人気間違いなしと思われる「フォード・ブロンコ」。フォードの日本市場撤退が惜しまれる。
スタイリングのよさから日本でも人気間違いなしと思われる「フォード・ブロンコ」。フォードの日本市場撤退が惜しまれる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。