マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載

2022.03.09 自動車ニュース
マツダCX-60
マツダCX-60拡大

マツダの欧州事業を統括するマツダ・モーター・ヨーロッパは2022年3月8日(現地時間)、新型クロスオーバーSUV「マツダCX-60」を発表した。

 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「CX-60」発表 プラグインハイブリッドシステムを搭載の画像拡大

CX-60は、マツダのラージ商品群の第1弾となる、2列シートのミッドサイズSUV。「厳しい時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を楽しめるモデル」とうたわれる。

車体のベースには、新開発の後輪駆動用アーキテクチャーを採用。2.5リッター直4ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」を搭載するのも大きなトピックとなっている。エンジンとモーターからなるシステム全体で、最高出力327PSと最大トルク500N・mを発生。8段ATを介して四輪を駆動する。

サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン式でリアがマルチリンク式。CX-60には「マツダ・ロードスター」にも採用されたマツダの「KPC(キネマティック・ポスチャー・コントロール)」が採用されており、コーナリング時にリア内輪に微弱な制動をかけることでロールを抑制し、車両の姿勢を安定させることが可能となっている。

パフォーマンスについては「マツダがこれまでに製造したなかで最も強力なロードカー」ともアピールされている。0-100km/h加速の加速タイムは5.8秒。一方、CO2排出量は33g/kmで、WLTPモードでの燃費は1.5リッター/100km(約66.7km/リッター)を下回ることはないという。バッテリーの容量は17.8kWh。EVモードでは100km/h以下の車速で63km航続できるとされている。

パワーユニットについては、3リッター直6ガソリンエンジンと3.3リッターのクリーンディーゼルも追加される見通しだ。

エクステリアは、マツダのデザインテーマである「魂動(こどう)」のさらなる進化を目指し、「自然と調和する日本人の感性を生かしたタフさと緻密さ」を表現したというもの。インテリアにおいては、最高水準の職人技と新技術、人間工学を駆使。日本の伝統に根ざしたプレミアムな仕立てがセリングポイントで、トップグレードにはメープルウッドやナッパレザーなどの素材に、独自加工を施した日本のテキスタイルとクロームの装飾があしらわれる。荷室の容量は5人乗車時で570リッターとなる。

CX-60の生産は、2022年3月11日に山口県防府市にある防府第2工場で開始される予定で、日本国内向けのモデルについては同年4月上旬に情報公開される見通し。価格については、英国におけるスタート価格が4万3950ポンド(邦貨にして約664万円)、フランスでは5万2000ユーロ(同655万円)と伝えられる。

マツダは、グローバルに需要が高いSUV市場において、ラージ商品4車種を2023年までに導入する予定。既存のSUV商品とともに、各市場の特性や顧客ニーズに応えるSUVラインアップを拡充することにより、ビジネスおよびブランドのさらなる成長を図るとしている。

(webCG)

◆「マツダCX-60」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
CX-60, マツダ, 自動車ニュース