ホンダが「シビックe:HEV」の情報を先行公開 エンジンを新規開発

2022.04.14 自動車ニュース
ホンダ・シビックe:HEV
ホンダ・シビックe:HEV拡大

本田技研工業は2022年4月14日、「シビック」のハイブリッドモデル「シビックe:HEV」を同年7月に発売すると発表し、ティーザーサイトを公開した。

ブルーの「H」エンブレムを採用し、グリルはグロスブラックとしている。
ブルーの「H」エンブレムを採用し、グリルはグロスブラックとしている。拡大
2リッター直4エンジンを新開発して搭載。最大熱効率41%をうたう。
2リッター直4エンジンを新開発して搭載。最大熱効率41%をうたう。拡大
プッシュボタン式のシフトセレクターを採用。
プッシュボタン式のシフトセレクターを採用。拡大
液晶タイプのメーターパネルは表示レイアウトが「e:HEV」専用だ。
液晶タイプのメーターパネルは表示レイアウトが「e:HEV」専用だ。拡大

ホンダ・シビックe:HEVのパワートレインはホンダ独自の2モーターハイブリッド。通常走行時にはエンジンは発電に徹し、駆動はモーターが担当。高速クルージング時のみエンジンがタイヤを直接駆動し、モーターは駆動のアシストと回生を担当する。

シビックe:HEVではこのエンジンを新開発。新しい2リッター直4ユニットは直噴技術とアトキンソンサイクルの採用によって燃費と走りを両立したとうたわれており、最高出力141PS(104kW)/6000rpmと最大トルク182N・m/4500rpmを発生。最大熱効率は41%にも達するという。駆動用モーターのスペックは最高出力184PS(135kW)/5000-6000rpm、最大トルク315N・m/0-2000rpm。「インテリジェントパワーユニット(駆動用バッテリー)」は旧世代品よりもエネルギー密度が46%アップした一方で、重量を1kg削減している。

エクステリアではボディー前後の「H」エンブレムにブルーを、グリルとウィンドウモールにグロスブラックを採用。リアのバンパーガーニッシュは既存のガソリンモデルとは異なるe:HEV専用形状としている。

インテリアには専用グラフィックの液晶メーターを採用し、ボタン式のシフトセレクターを装備。ガソリンモデルの上位グレード「EX」と同様にBOSEのオーディオシステムや運転席8ウェイ、助手席4ウェイのパワーシート、アダプティブドライビングビームヘッドライト、ワイヤレススマートフォンチャージャーなどが標準装備となっている。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース