三菱アウトランダー(後編)

2022.05.08 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「三菱アウトランダー」に試乗。前編ではそのシャシーの仕上がりを「感動しました!!」とまで絶賛した山野。後編ではパワートレインとハンドリングについて詳しく解説してもらおう。

加減速が直線的

前編では2.4リッターガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたパワートレインについて「レースカーのような、エンジニアの明確な思想を感じる」と語った山野哲也。もっと掘り下げて聞いてみよう。

webCG:明確な思想を感じるとは、目的意識がはっきりしているということでしょうか。

山野:加減速の仕方が直線的なんです。2.4リッター直4そのものも気持ちいいエンジンなのですが、むしろ存在を感じさせない。新型アウトランダーの動力系を特徴づけるのは、「モーターがメイン」と思わせるところです。

webCG:EV感が強い、ということですね。

山野:電気モーターで走りだし、加速していくと、後からそっとエンジンが追いついてくる。そんなイメージです。普通に運転しているかぎり、エンジンのフェードイン、フェードアウトは気づかないほどです。モーターと内燃機関の関係が、これまでのハイブリッド車とは逆なんです。

webCG:当初のハイブリッド車は内燃機関がメインで、「エンジンが苦手なところを電気モーターがカバーする」という考え方でした。アウトランダーでは、主客が逆転したのですね。加減速が直線的というのは、ガソリンエンジンのように、パワーが二次曲線的に盛り上がるといったことがない?

 
三菱アウトランダー(後編)の画像拡大
 
三菱アウトランダー(後編)の画像拡大
 
三菱アウトランダー(後編)の画像拡大
 
三菱アウトランダー(後編)の画像拡大
関連記事
  • トヨタRAV4 PHVブラックトーン/三菱アウトランダーP(後編)【試乗記】 2022.4.27 試乗記 「トヨタRAV4 PHV」と「三菱アウトランダー」、2台のプラグインハイブリッド車を徹底比較する。後編ではアウトランダーに注目。長年にわたって車両運動統合制御システムと4WDにこだわってきた、三菱ならではの走りの楽しさをリポートする。
  • ルノー・アルカナR.S.ラインE-TECHハイブリッド(FF/4AT+2AT)【試乗記】 2022.5.4 試乗記 ルノーの新型クーペSUV「アルカナ」が日本に上陸。Cセグメントサイズの個性的なフォルムやインテリアの仕上がり、そしてF1由来の技術が数多く盛り込まれたという独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」による走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツEQE350+(RWD)【海外試乗記】 2022.4.30 試乗記 2022年の半ばからグローバルでのデリバリーが始まる、メルセデスの新型電気自動車「EQE」。独特なモノフォルムボディーの中はどうなっていて、どんな乗り味が得られるのか? 国内でのデビューに先駆けてドイツで試乗した。
  • プジョー308 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.5.3 試乗記 プジョーのCセグメントハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。もちろん新しくなったのは見た目だけでなく、9年ぶりの新型にふさわしく中身も長足の進歩を遂げている。1.5リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・ヴォクシーS-G E-Four(4WD/CVT)【試乗記】 2022.5.2 試乗記 日本を代表するミニバン「トヨタ・ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジ。今回の4代目モデルで初設定されたハイブリッドの4WD車「S-G E-Four」に試乗し、最新の運転支援装備や走行性能、進化した機能性やホスピタリティーの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る