「FT-86」市販化へ一歩前進【ジュネーブショー2011】

2011.03.02 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】「FT-86」市販化へ一歩前進

トヨタ自動車は、2011年3月1日に開幕したジュネーブショーに、FRスポーツ車のコンセプトモデル「FT-86 II コンセプト」を出展した。

トヨタの「FT-86 II コンセプト」は、同社がスバルと共同開発しているFRスポーツ車のコンセプトモデルだ。

同コンセプトが初めて紹介されたのは、2009年の東京モーターショー。それから約1年半を経た今回は、車名に「II」とあるとおり、より市販型に近いプロトタイプの展示となる。

ボディサイズ(全長×全幅×全高=4235×1795×1270mm、ホイールベース=2570mm)やエンジンの排気量(2リッター水平対向4気筒)以外、明らかになっている数値は少ないものの、トヨタは、自社のFRスポーツ車に関するこれまでの技術と、スバルの個性的な水平対向エンジンを組み合わせ、運転する楽しさや所有する喜びを提案したいとしている。

(webCG 関)

「FT-86 II コンセプト」
「FT-86 II コンセプト」 拡大

「FT-86」市販化へ一歩前進【ジュネーブショー2011】の画像 拡大

「FT-86」市販化へ一歩前進【ジュネーブショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
86, トヨタ, ジュネーブモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
ホームへ戻る