ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド(後編)

2022.11.20 思考するドライバー 山野哲也の“目” 山野 哲也 レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド」に試乗。前編ではパワートレインだけでなくハンドリングについても絶賛した山野。後編では「よく曲がる」理由について、さらに掘り下げて聞き出してみよう。

見えないところにもこだわっている

前回に引き続き、ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッドをレーシングドライバーの山野哲也がテストする。1.6リッター直列4気筒とモーターを組み合わせ、それぞれに4段と2段のギアボックスを持たせた、ルノーの最新ハイブリッドシステムを採用したモデルだ。同システムは「アルカナ」「キャプチャー」といったSUV系にも用いられる。

E-TECHの力強さとスムーズさだけでなく、小粋な5ドアのハンドリングにも感銘を受けたニッポンのジムカーナマイスター。微速時にはスローに感じられるステアリングギアなのに、いざ走り始めると、ルノーのコンパクトモデルは、クイックにして「オン・ザ・レール」の走りを見せるのだった。

webCG:ルーテシアの優れたハンドリングは、速いステアリングギアで粉飾(!?)したものではない、と。

山野:違いますね。4本のタイヤをしっかりと使ったメカニカルグリップが確保されている。そのおかげでしょう。

webCG:サスペンション形式は、前がマクファーソンストラット、後ろがトーションビームと、このクラスでは一般的なものです。

山野:よくチューニングされていますね。ルーテシアは、ステアリング操作に対してクルマが忠実に動いてくれる。「時差」や「ヨレ感」をまったく感じさせません。

 
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド(後編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド(後編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド(後編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシアE-TECHハイブリッド(後編)の画像拡大
関連記事
  • メルセデスAMG SL43(FR/9AT)【試乗記】 2022.11.25 試乗記 長らくメルセデスのスポーツイメージをけん引してきた「SL」が生まれ変わった。AMGが開発した新型は「メルセデスAMG SL」を名乗るだけあって、歴代モデルとはひと味違う“武闘派”だ。電動ターボをはじめとした新機軸の仕上がりをリポートする。
  • 全方位進化! 新型ルーテシアの魅力に迫る 2022.3.11 クラスを超えた実力派 ルノー・ルーテシア<AD> 小型車のニーズが高い欧州において、絶大な支持を得ている「ルノー・ルーテシア」。最新型のステアリングを握ってドライブに出かけたなら、誰もがその完成度の高さに驚くに違いない。
  • プジョー308SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2022.11.26 試乗記 方々で好評な新型「プジョー308」ではあるものの、バカンスの国のニューモデルなら、やはりステーションワゴンに乗らなければ始まらない。プラグインハイブリッドパワートレインを積んだ最上級モデル「308SW GTハイブリッド」を試す。
  • ルノーが「アルカナ」にマイルドハイブリッドモデルを追加設定 2022.11.24 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2022年11月24日、クーペSUV「ルノー・アルカナ」のマイルドハイブリッドモデルを導入すると発表した。「アルカナR.S.ライン マイルドハイブリッド」のグレード名で、同年12月1日に販売を開始する。
  • BMW 840iグランクーペ エクスクルーシブMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2022.12.6 試乗記 BMWの旗艦クーペ「8シリーズ」がマイナーチェンジを受けた。その中身は内外装の手直し、いわゆるフェイスリフトにすぎないが、乗ればやはりうならされるものがある。4ドアモデル「グランクーペ」の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る