クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「三菱デリカミニ」はまだ遠い 今こそタフ系ユーズドカーのすすめ

2022.11.14 デイリーコラム 玉川 ニコ

はやりの“タフ”は過去にもある

今、時代は“タフな感じのモノ”へと向かっているのかもしれない。

2022年8月に発売された「スズキ・スペーシア ベース」のことを「おっ? タフな感じでカッコいいじゃん」なんて思っていたら、翌月には、こちらもタフなイメージの「タント ファンクロス」がダイハツから登場して話題となった。さらに直近では、同年11月4日に三菱がタフな新型軽「デリカミニ」の外観デザインを発表し、そのタフギアっぽいデザインにシビれまくる人間が続出している。

タフ(tough)とはすなわち「丈夫な、頑丈な」という意味を持つ英語だが、それを想起させるデザインがはやるというのは、昨今の若い男子諸君の一部があまりにも中性的になっていることへの反動のようなものか、はたまた戦争や巨大な自然災害などを目の当たりにしたわれわれの潜在意識が、知らず知らずのうちにそういったタフネスを希求させるのだろうか?

まぁそういった“分析”は高名で聡明(そうめい)なセンセイ方に任せるとして、筆者のごとき俗人はただ単にそれを買い、わが人生を堪能するのみである。ぶっちゃけすげえ欲しいぜ、三菱デリカミニ!

……と思ったわけだが、メーカーの資料をよく読むと、デリカミニの発売は2023年の初夏であるらしい。ってことはまだ半年以上先じゃないか! ていうか実質的には(たぶん)あと1年ぐらいは待たないと乗れないわけか!

タイム・イズ・マネーな現世にあって、無為な1年間を過ごすのは多大なる損失。しかも筆者のような中高年が、残された健康寿命内の貴重な時間を無駄にするわけにはいかない――ということで今回は、供給不足が続く昨今の新車と違って長い長い納車待ちをする必要がない、「中古のタフ系モデル」を検討してみることにしよう。

2023年初夏に発売予定の新型軽「三菱デリカミニ」。しょせん“なんちゃってタフ車”などと笑えない、クールなたたずまいを見せる。
2023年初夏に発売予定の新型軽「三菱デリカミニ」。しょせん“なんちゃってタフ車”などと笑えない、クールなたたずまいを見せる。拡大
webCGの関連記事の閲覧数からも「三菱デリカミニ」に対する世の関心の高さがうかがえる。ちなみに、同モデルの発売が予告された2022年11月4日、三菱自動車の株価は2割近く値上がりした。
webCGの関連記事の閲覧数からも「三菱デリカミニ」に対する世の関心の高さがうかがえる。ちなみに、同モデルの発売が予告された2022年11月4日、三菱自動車の株価は2割近く値上がりした。拡大
遊び心あふれるルックスが印象的な、スズキのSUV風軽「スペーシア ギア」。同社はこれに続けて、「仕事も遊びも日常使いも重視した」という軽商用車「スペーシア ベース」も発売した。
遊び心あふれるルックスが印象的な、スズキのSUV風軽「スペーシア ギア」。同社はこれに続けて、「仕事も遊びも日常使いも重視した」という軽商用車「スペーシア ベース」も発売した。拡大
タフ車がちやほやされているのは軽の世界だけではない。2022年に入って、ホンダは「フィットe:HEVクロスター」をベースとしたカスタマイズモデル(写真)を提案。この方向での製品化も、あり得る話だ。
タフ車がちやほやされているのは軽の世界だけではない。2022年に入って、ホンダは「フィットe:HEVクロスター」をベースとしたカスタマイズモデル(写真)を提案。この方向での製品化も、あり得る話だ。拡大
スズキ スペーシア ベース の中古車

再び輝く、ちょい古モデル

【日産エクストレイル(2代目)】

タフな感じのクルマといえば、まずはコレだろう。テレビCMなどで「TOUGH GEAR(タフギア)」と自ら連呼していたSUVの2代目である。2022年7月に登場した現行4代目も性能的には当然ながらかなりタフなわけだが、内外装デザインが洗練されすぎているような気もする。

その点、2代目のこちらは若干“いなたい”エクステリアデザインであり、そこが「逆にイイ!」と感じるのだ。戦場の最前線でいちいち髪型や着こなしを気にしている将兵はいないのと同様に、タフなクルマも、デザインは若干いなたいぐらいのほうが“最前線感”が漂うものだ。

さまざまなグレードが存在する2代目「エクストレイル」だが、タフ感が最も強いのはやはりディーゼルエンジン搭載グレードだろう。その中古車流通量はまずまず豊富で、走行5万kmぐらいの物件でも、総額180万円前後で普通に見つけることができる。

【トヨタFJクルーザー】

言わずと知れた「ランドクルーザー プラド」をベースとするラダーフレームシャシーに、ランドクルーザーFJ40型のイメージを引用したレトロっぽいボディーを架装した大型本格SUVである。かなりカッコいいと思うのだが、2018年1月に販売終了となってしまった。全長4635mm×全幅1905mm×全高1840mmというボディーサイズが、日本の道には合わなかったのだろうか?

だが今にしてみるとこのスリーサイズ、大してデカすぎはしない。全長は現行型の「スバル・レガシィ アウトバック」より短く、車幅はアルファ・ロメオの「ステルヴィオ」と同じだ。中古車の流通量も豊富で、価格は――ピンキリではあるものの、支払総額で290万円ぐらいをみておけば、まあまあいいモノが狙えそうである。

【ホンダ・エレメント】

……この時点で予定していた文字数を超過してしまったので、以下は手短にいこう。「ホンダ・エレメント」。2003年4月に発売された、北米のホンダが企画したクロスオーバーSUVである。Bピラーレスの観音開きドアが特徴だ。走りや安全装備はともかく、このデザインは2022年も終わろうという現在にあっても超絶魅力的。中古車価格は総額70万~260万円と幅広いが、総額150万円付近でまあまあ悪くないやつが買えそうな気配がある。

“タフギア感”しかなかったころの「エクストレイル」は、今またモテ期を迎えることだろう。2代目については、武骨で実直なイメージのディーゼル車(写真)を薦めたい。
“タフギア感”しかなかったころの「エクストレイル」は、今またモテ期を迎えることだろう。2代目については、武骨で実直なイメージのディーゼル車(写真)を薦めたい。拡大
2012年10月に発売された「日産エクストレイル20XttブラックエクストリーマーX」。このような、タフなイメージを一段と強調した特別仕様車(の中古車)もチェックしておきたい物件だ。
2012年10月に発売された「日産エクストレイル20XttブラックエクストリーマーX」。このような、タフなイメージを一段と強調した特別仕様車(の中古車)もチェックしておきたい物件だ。拡大
トヨタの個性派SUV「FJクルーザー」。見た目がポップなだけに、写真のイエローのような、はじけた色を選びたい。
トヨタの個性派SUV「FJクルーザー」。見た目がポップなだけに、写真のイエローのような、はじけた色を選びたい。拡大
「トヨタFJクルーザー」のドアは、「フェラーリ・プロサングエ」や多くのロールス・ロイス車と同じ観音開き。こうした特色もあるだけに、今後引っ張りだこになるような気がする。
「トヨタFJクルーザー」のドアは、「フェラーリ・プロサングエ」や多くのロールス・ロイス車と同じ観音開き。こうした特色もあるだけに、今後引っ張りだこになるような気がする。拡大
2003年4月に発売されたホンダのMPV「エレメント」。観音開きのドアやフェンダーが強調されたカラーリングは個性的で、防水・防汚のフロアやはっ水加工されたシートなど、タフギアな装備も申し分ない。
2003年4月に発売されたホンダのMPV「エレメント」。観音開きのドアやフェンダーが強調されたカラーリングは個性的で、防水・防汚のフロアやはっ水加工されたシートなど、タフギアな装備も申し分ない。拡大

150万円も出せれば……

【ホンダ・クロスロード】

2代目「ホンダ・ストリーム」の車台を流用してつくられた、3列7人乗りのクロスオーバーSUV。まぁ「タフな男」を目指す筆者としては3列目シートのことなど眼中にないのだが(狭いし)、この“どスクエア”なフォルムは、タフギアとしての資質が発露しまくっている。現代のセンスでもってタフなイメージにカスタマイズされた中古車は総額100万~170万円ぐらいで、ノーマル車が総額50万~100万円ぐらいというイメージだ。

【フォルクスワーゲン・クロスポロ(2代目)】

「FF車の最低地上高をちょっと上げて、SUVっぽいバンパーとかフェンダーとかを付けただけのコレの、どこが“タフギア”なんだ!」という批判も予想されるが、まぁいいではないか。自称タフな男(を目指している男)である筆者も、実際にクルマで走るのは9割方以上が舗装路なので、これでもいいっちゃいいのである。

そして最低地上高が(普通のハッチバックよりは)高く、邪魔にならないサイズのクルマというのは、普通のFFであっても意外とタフに使えるものだ。中古車価格は総額50万~160万円ぐらいだが、筆者だったら総額100万円前後のゾーンで探すだろう。

このほか「ダイハツ・ネイキッド」や、顔つきが電気シェーバーっぽくなる前の「三菱デリカD:5」(2007~2018年)なども気になるところではあるが、文字数は尽きてしまった。「機会があればまた後日」ということにさせていただく。では、御免!

(文=玉川ニコ/写真=三菱自動車、本田技研工業、日産自動車、トヨタ自動車、郡大二郎、webCG/編集=関 顕也)

ホンダのクロスオーバー「クロスロード」は、コンパクトかつ角張ったデザインで、しかも3列シートという得がたいキャラの一台だ。現在は、茶系やグレー系のマットカラーに塗り替えて車高を上げるカスタマイズが流行中。
ホンダのクロスオーバー「クロスロード」は、コンパクトかつ角張ったデザインで、しかも3列シートという得がたいキャラの一台だ。現在は、茶系やグレー系のマットカラーに塗り替えて車高を上げるカスタマイズが流行中。拡大
実力派のクロスオーバーモデルとして知られる「フォルクスワーゲン・クロスポロ」。スタイル・走行性能ともに秀逸な2代目もデビューから12年が経過し、買いやすい価格になっている。写真は国内発表時のワンシーン。
実力派のクロスオーバーモデルとして知られる「フォルクスワーゲン・クロスポロ」。スタイル・走行性能ともに秀逸な2代目もデビューから12年が経過し、買いやすい価格になっている。写真は国内発表時のワンシーン。拡大
インターネットの中古車情報を見てみると、ギア感のある個性派軽「ダイハツ・ネイキッド」のスタート価格は“ひとケタ万円”となっていた。もっとも、程度のいいものは現在でも60万~80万円はするが。
インターネットの中古車情報を見てみると、ギア感のある個性派軽「ダイハツ・ネイキッド」のスタート価格は“ひとケタ万円”となっていた。もっとも、程度のいいものは現在でも60万~80万円はするが。拡大
なかなか希少な“タフなミニバン”である「三菱デリカD:5」。その名も「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」という、ギア感満点の特別仕様車もあったりする。
なかなか希少な“タフなミニバン”である「三菱デリカD:5」。その名も「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」という、ギア感満点の特別仕様車もあったりする。拡大
玉川 ニコ

玉川 ニコ

自動車ライター。外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、自動車出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。愛車は「スバル・レヴォーグSTI Sport EX」。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ スペーシア ベース の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。