アストン、V8ヴァンテージに「S」を追加

2011.01.26 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」にスポーティバージョン追加

英アストン・マーティンは2011年1月25日、新型スポーツカー「V8ヴァンテージS」を発表した。

「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」は、既存のスポーツカー「V8ヴァンテージ」をベースに開発された、さらなるハイパフォーマンスモデルだ。

4.7リッターV8エンジンの最高出力と最大トルクは、ノーマルの426ps、47.9kgmから436ps、49.9kgmへと高められ、これまでのものより変速スピードで20%勝る新開発の7段セミオートマチックトランスミッション「Sportshift II」が組み合わされる。
「Sportshift II」では、1-6速のギア比がより近づけられたことにより、加速性能がアップ。一方で7速はハイギアード化、高速巡航時の静粛性と燃費性能の向上を実現したという。なお、最高速度も288km/hから305km/hへとアップしている。

パフォーマンスの向上にあわせ、足まわりも刷新。サスペンションは、スプリング、ダンパーそろって専用品に。フロントブレーキディスクは355mmから380mmへと大径化され、リアタイヤは10mmワイド化。専用デザインの19インチホイールもおごられ、カーボン製のフロントスプリッターやリアディフューザーとともに、外観上の特徴となっている。

また、ステアリングのセッティングも、ロック・トゥ・ロックが3.04回転から2.62回転とされるなど、よりクイックなものへと変更。
走りを支える制御システム「ダイナミックスタビリティコントロール」についても専用のチューニングが施されており、走りに合わせて「ノーマルモード/トラックモード/オフ(介入なし)」の3ステージから選択できる。

そんな「V8ヴァンテージS」は、クローズドボディのクーペと、オープンボディのロードスターの2種類が用意される。
2011年4月には日本でも発売される見込みだ。

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」 拡大
こちらは、オープンバージョンの「V8ヴァンテージS ロードスター」
こちらは、オープンバージョンの「V8ヴァンテージS ロードスター」 拡大
インテリアの様子。オプションのカーボンファイバー/ケブラーコンポジットのシートを選ぶと、17kgの軽量化が可能となる。
インテリアの様子。オプションのカーボンファイバー/ケブラーコンポジットのシートを選ぶと、17kgの軽量化が可能となる。 拡大

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • BMWアルピナB7ロング アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.16 試乗記 アルピナのフラッグシップモデル「B7」に試乗。どこまでもスムーズなV8ツインターボエンジンと、ハンドリングと快適性を高度なレベルで両立させたシャシーが織りなす、アルピナならではの世界に身をゆだねてみた。
ホームへ戻る