スバル、ジュネーブショー出展概要を発表【ジュネーブショー2011】

2011.01.17 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】スバル、ジュネーブショー出展概要を発表

富士重工業は、2011年3月1日に開幕するジュネーブショーに、「スバル・インプレッサ コンセプト」や「スバル・トレジア 欧州仕様車」、FRスポーツ車の技術コンセプトモデルなどを出展すると発表した。

今回のスバルブースの目玉となりそうなのは、新しいFRスポーツ車の技術コンセプトモデル。スバルがトヨタと共同で開発を進めている新世代スポーツモデルが、いよいよジュネーブショーにお目見えする。とはいうものの、今回のショーで完成車が登場するかどうかは微妙なところ。スバルのプレスリリースによると、今回出展されるのは「ボクサーエンジンを中心とした新プラットフォームの技術コンセプト」で、プラットフォームのみの展示となる可能性もある。

このほか同ショーには、「スバル・インプレッサ コンセプト」なども展示される。2010年のロサンゼルスモーターショーで初公開された同モデルは、スバルの新しいブランドステートメント「Confidence in Motion」を表現した第1弾。ボディサイズは、全長4520mm×全幅1820mm×全高1430mmの堂々たるグローバルサイズで、パワートレインには2リッター水平対向4気筒+リニアトロニック(CVT)が採用される。

「スバル・トレジア」も、今回のショーが欧州初展示となる。トヨタとの共同開発から生まれた同モデルは、需要の拡大が予想されている欧州コンパクトカー市場を狙うもの。エンジンは1.3リッターガソリンのほか、1.4リッターターボディーゼルの搭載が予定されている。

(webCG 曽宮)

「スバル・インプレッサ コンセプト」
「スバル・インプレッサ コンセプト」 拡大
「インプレッサ コンセプト」のリアビュー
「インプレッサ コンセプト」のリアビュー 拡大
「スバル・トレジア」(欧州仕様車)
「スバル・トレジア」(欧州仕様車) 拡大
ディーゼルモデルは、CO2排出量=113g/kmと優れた環境性能が自慢。
ディーゼルモデルは、CO2排出量=113g/kmと優れた環境性能が自慢。 拡大

関連キーワード:
インプレッサ, トレジア, スバル, ジュネーブモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルが「インプレッサ」の大幅改良を予告
    「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準化
    2019.8.27 自動車ニュース スバルは2019年8月27日、同年秋に発売を予定している「インプレッサ」の改良モデルに関する事前情報を専用ウェブサイトで公開するとともに、先行予約の受け付けを開始した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • 「ルノー・トゥインゴ」の限定モデル「ルコックスポルティフ」登場 2020.1.30 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に200台の限定モデル「ルコックスポルティフ」が登場。スポーツ用品メーカー ルコックスポルティフとのコラボレーションモデルの第2弾にあたり、専用のエクステリアデザインや充実した装備を特徴としている。
ホームへ戻る