過去最大のMINI、「クロスオーバー」がデビュー

2011.01.13 自動車ニュース

過去最大のMINI、「クロスオーバー」がデビュー

BMWジャパンは2011年1月13日、「MINI」ブランド第4番目のモデル「MINIクロスオーバー」を発表した。

■日本の駐車場事情を考慮

「MINIクロスオーバー」は、MINIファミリーにとって第4番目のモデルとなる。MINIブランドとして初の4ドア車であるだけでなく、初めて4輪駆動が選択できるモデルでもある。また、MINIシリーズの中で一番大きなボディがもたらす、居住性や実用性の高さも見どころだ。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4105×1790×1550mm(MINI ONE クロスオーバーの場合)と、MINIハッチバックと比較してそれぞれ405×105×120mm拡大された。フォルクスワーゲンでいうなら「ポロ」を超えて「ゴルフ」に迫る大ぶりなボディが与えられたことにより、大人4人が快適に乗車できる室内空間を得た。また、実用車として何ら不満のない十分な容量の荷室(350〜1170リッター)も与えられた。

ちなみに欧州仕様だと全高がさらに11mm高くなる。日本仕様の全高が低く設定されているのは、「BMW X1」と同様に日本の駐車場事情(つまりタワーパーキング)が考慮されたためだ。この「MINIクロスオーバー」では厚みの薄い専用のルーフアンテナマウントが採用されただけでなく、サスペンション長を数mm短縮することにより、車高が抑えられている。

■同ブランド初の4WDを搭載

MINI初となる4WDシステムは「MINI ALL4」と呼ばれ、リアデファレンシャルの前に湿式多板の電磁クラッチを置く構造をとる。電子制御で駆動力配分を行う「アクティブトルクスプリット方式」に分類されるものであり、駆動力の配分比率は路面状況に応じて連続的に変えるようになっている。運転者が気付かない程度のごく軽微な前輪の空転に対しても即座に反応するようになっており、その速度は約0.1秒という。

この「MINI ALL4」は、184psの1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する最上級の「クーパーS クロスオーバー」グレードとだけ組み合わされる。その下の「クーパー クロスオーバー」(122psの1.6リッターNA)と「ONE クロスオーバー」(98psの1.6リッターNA)では選ぶことはできない。

一方で、燃費やCO2排出量を抑えながらも走行性能を高めようとする「MINIMALISM(ミニマリズム)」のコンセプトはこのクルマにも貫かれており、減速時に生じる電力をバッテリーに回生充電するマイクロハイブリッドテクノロジーが、全グレードの6MT仕様、および「クーパーS クロスオーバー」の6ATに装着されている(それ以外のモデルには装着されない)。

価格は次のとおり。「MINI ONE クロスオーバー」265万円から、「MINIクーパー クロスオーバー」299万円から、「MINIクーパーS クロスオーバー」(以上すべてFF)345万円から、「MINIクーパーS クロスオーバー ALL 4」(4WD)366万円から。トランスミッションは、すべてのグレードで6段AT、6段MTが設定される。

なお、同車は海外市場では「MINIカントリーマン」という車名が付けられているが、日本では商標が抵触するために「クロスオーバー」と改名された。

(webCG 竹下)

「MINIクーパーS クロスオーバー」。
クーパーSは、他グレードと異なり、ボンネットとフロントバンパーの間にエアインテークが設けられ、さらに下方にはブレーキ用のエアダクトが与えられる。
「MINIクーパーS クロスオーバー」。
クーパーSは、他グレードと異なり、ボンネットとフロントバンパーの間にエアインテークが設けられ、さらに下方にはブレーキ用のエアダクトが与えられる。 拡大
「MINIクーパー クロスオーバー」(写真)は、ラジエターグリルがシルバー仕上げになるのが特徴。エントリーグレードの「MINI ONE クロスオーバー」はブラックとなる。
「MINIクーパー クロスオーバー」(写真)は、ラジエターグリルがシルバー仕上げになるのが特徴。エントリーグレードの「MINI ONE クロスオーバー」はブラックとなる。 拡大
インテリアデザインは、大型センターメーターパネルをはじめ、円形と楕円(だえん)形のコンビネーション。2ドアハッチバックモデル以来の伝統が引き継がれている。
インテリアデザインは、大型センターメーターパネルをはじめ、円形と楕円(だえん)形のコンビネーション。2ドアハッチバックモデル以来の伝統が引き継がれている。 拡大
ミニクロスオーバーの自慢の装備「センターレールシステム」。室内前後に延びるレールの好きな場所に、小物入れやカップホルダーなどを好きなだけ置くことができる。
ミニクロスオーバーの自慢の装備「センターレールシステム」。室内前後に延びるレールの好きな場所に、小物入れやカップホルダーなどを好きなだけ置くことができる。 拡大
2ドアハッチバックより全長が405mm長いうえ、リアドアが備わることで快適になったというリアシート。2つの独立型シートが備わり、それぞれ前後のスライドとリクライニングの調整ができる。
2ドアハッチバックより全長が405mm長いうえ、リアドアが備わることで快適になったというリアシート。2つの独立型シートが備わり、それぞれ前後のスライドとリクライニングの調整ができる。 拡大
過去最大のMINI、「クロスオーバー」がデビューの画像 拡大
4WDシステムの要となる「ALL4クラッチ」(湿式多板の電子制御電磁クラッチ)のカットモデル。写真右が入力側(エンジン側)。多板クラッチの左側に見えるのが電磁クラッチユニットだ。
4WDシステムの要となる「ALL4クラッチ」(湿式多板の電子制御電磁クラッチ)のカットモデル。写真右が入力側(エンジン側)。多板クラッチの左側に見えるのが電磁クラッチユニットだ。 
拡大
4WDドライブトレインを上から見たところ。左側が車体前方。「ALL4クラッチ」はリアデフの前方に置かれる。
4WDドライブトレインを上から見たところ。左側が車体前方。「ALL4クラッチ」はリアデフの前方に置かれる。 拡大
「ミニマリズム」が反映されたMINIクロスオーバーは、8車種のうちすべてのMTモデルと「クーパーS クロスオーバー」のATモデルの計5車種が、エコカー減税(75%)の対象となる。
「ミニマリズム」が反映されたMINIクロスオーバーは、8車種のうちすべてのMTモデルと「クーパーS クロスオーバー」のATモデルの計5車種が、エコカー減税(75%)の対象となる。 拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「MINIクロスオーバー」が大幅改良 環境性能を改善するとともに運転環境をデジタル化 2020.5.27 自動車ニュース BMWが「MINIクロスオーバー」に大幅改良を実施。内外装デザインを変更したほか、5インチのデジタルメーターをオプション設定するなど、装備や機能の強化を図った。エンジンにも改良を加えており、欧州で2021年施行予定の排出ガス基準を先取りしてクリアしている。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • 「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインに 2019.10.2 自動車ニュース BMWジャパンは2019年10月2日、「MINIクラブマン」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。今回はデザインの手直しだけでなく、トランスミッションや運転支援システムにも改良を加えた。
ホームへ戻る