無限、ホンダ・フィット用パーツを新発売

2010.10.13 自動車ニュース

無限、「ホンダ・フィット」用パーツを新発売

無限(M-TEC)は、2010年10月8日にマイナーチェンジされた「ホンダ・フィット」シリーズ用のカスタマイズパーツを、順次リリースすると発表した。

2代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ、各グレードとも内外装が変更され、新たにハイブリッドバージョン「フィットハイブリッド」が追加されたのを受け、ホンダ車のチューニングを手がける無限からも、各種カスタマイズパーツが発売された。

車体を囲むスポイラー類などエアロパーツは、スポーティグレードの「RS」用とそれ以外のグレードで異なるデザインのものが開発され、さらに「フィットハイブリッド」にはロゴが点灯するハイブリッドイルミネーショングリルが用意されるなど、それぞれグレードの個性を意識した仕上がりになっている。

定番の「スポーツサイレンサー」も、グレード別の専用品となっており、サイレンサーエンドの形状が、「フィットハイブリッド」用はトライオーバル、それ以外では円形となるなど、外観上の差別化も図られる。
「スポーツサスペンション」についても、「13G」や「15X」用はストリートでの乗り心地を意識した仕様なのに対し、「RS」はより大径のピストンが採用されるなど、それぞれ独自のセッティングが施されている。

そのほか、アルミホイールやフロアマットなど、80点以上のパーツがラインナップ。多くは2010年10月8日の発売となるが、「ウイングスポイラー」を除くエアロパーツは2010年12月3日に、「スポーツサスペンション」は2011年の春先にリリースされる予定だ。

さらに詳しい情報は、無限のオフィシャルサイトにて。

(webCG 関)

無限のパーツを装備した「ホンダ・フィット RS」
無限のパーツを装備した「ホンダ・フィット RS」 拡大
こちらは、「フィットハイブリッド」の無限バージョン。
こちらは、「フィットハイブリッド」の無限バージョン。 拡大
「スポーツサスペンション」。各グレードとも、装着後は車高が20〜25mm下がる。
「スポーツサスペンション」。各グレードとも、装着後は車高が20〜25mm下がる。 拡大

関連キーワード:
フィット, ホンダ, カーナビ/オーディオ/パーツ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フィットe:HEVベーシック(FF)【試乗記】 2020.4.9 試乗記 いよいよデビューした新型「ホンダ・フィット」。従来のホンダ車とはひと味違う価値観のもとに開発されたという4代目は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。ハイブリッドの最廉価グレードを連れ出して確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る