アトレーワゴン、ハイゼットが小変更

2010.08.17 自動車ニュース

ダイハツ、「アトレーワゴン」「ハイゼット」を一部改良

ダイハツ工業は2010年8月17日、軽乗用車「アトレーワゴン」と軽商用車「ハイゼットカーゴ」「ハイゼットトラック」に一部改良を加え、同日発売した。

全車に行われた改良は、2010年9月から施行されるコールドスタート測定法「JC08Cモード法」による排出ガス基準をクリアする、排出ガスのクリーン化である。

加えてアトレーワゴンでは、上級グレードに荷室アクセサリーソケットや荷室蛍光灯を標準装備。ハイゼットカーゴは、全グレードが3ATから4ATに変更され、燃費や静粛性の改善が図られた。ハイゼットトラックにはシガーライター、バッテリーカバーが標準装備され、「農用スペシャル」グレードにエアコンとパワーステアリングが採用されるなど、利便性や使い勝手が高められた。

価格は、アトレーワゴンが136.5万円から169.0万円、ハイゼットカーゴが90.0万円から139.5万円、ハイゼットトラックが59.0万円から111.0万円。

(webCG 本諏訪)

「ハイゼットトラック」
「ハイゼットトラック」 拡大

関連キーワード:
アトレーワゴン, ハイゼット トラック , ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ アトレーワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る