アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!

2011.11.24 輸入車

アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!

独アウディは2011年11月24日、東京モーターショーで世界初公開するモデルの名を明かした。そのモデルとは「A1スポーツバック」。A1の5ドア仕様である。

「A1スポーツバック」の日本での導入スケジュールは、現時点ではまだ明らかにされていない。同様に日本向けに搭載されるエンジンや装備内容についても明らかにされていない。すべては東京モーターショー(プレスデイは11月30日から、一般公開日は12月3日から)で発表される見込み。

参考までにヨーロッパでは、ベーシックな「アンビション」、装備充実の「アトラクション」、スポーティーな「Sライン」というグレード構成になり、ドイツにおけるベースモデルの価格は1万6950ユーロ(約180万円)と発表されている。2012年早々に発売されるという。

(webCG 竹下)

「アウディA1スポーツバック Sライン」
「アウディA1スポーツバック Sライン」 拡大
 
アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!の画像 拡大
 
アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!の画像 拡大
 
アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!の画像 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • アウディがよりスポーティーに進化した新型「A3スポーツバック」を発表 2020.3.4 自動車ニュース 独アウディは2020年3月3日、新型「A3スポーツバック」を発表した。前後のホイールアーチを強調する、よりスポーティーなデザインが特徴で、欧州では同年3月に発売、5月に納車が開始されるという。価格は「1.5 TFSI」で2万8900ユーロ(約350万円)から。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る