アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!

2011.11.24 輸入車

アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!

独アウディは2011年11月24日、東京モーターショーで世界初公開するモデルの名を明かした。そのモデルとは「A1スポーツバック」。A1の5ドア仕様である。

「A1スポーツバック」の日本での導入スケジュールは、現時点ではまだ明らかにされていない。同様に日本向けに搭載されるエンジンや装備内容についても明らかにされていない。すべては東京モーターショー(プレスデイは11月30日から、一般公開日は12月3日から)で発表される見込み。

参考までにヨーロッパでは、ベーシックな「アンビション」、装備充実の「アトラクション」、スポーティーな「Sライン」というグレード構成になり、ドイツにおけるベースモデルの価格は1万6950ユーロ(約180万円)と発表されている。2012年早々に発売されるという。

(webCG 竹下)

「アウディA1スポーツバック Sライン」
「アウディA1スポーツバック Sライン」 拡大
 
アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!の画像 拡大
 
アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!の画像 拡大
 
アウディブースの世界初公開はこのクルマだ!の画像 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
ホームへ戻る