メルセデス・ベンツブースの紹介(後編)【パリサロン2012】

2012.10.01 自動車ニュース

【パリサロン2012】メルセデス・ベンツブースの紹介(後編) 〜個性的な派生モデル

メルセデス・ベンツは「パリモーターショー2012」において、複数の電気自動車(EV)を出展したほか、次世代モデルに関する映像なども紹介した。

■新型ワゴンはスペシャル感たっぷり

環境対応車以外のコンベンショナルなモデルのなかでのイチ押しは、「メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク」だ。その名のとおり、「CLS」をベースにワゴンボディーに仕立てたもの。2010年の北京モーターショーでお披露目されたコンセプトモデル「コンセプト シューティングブレーク」の市販バージョンである。

スタイリングはほぼコンセプトカーのまま。特徴的なスタイリングは驚くほど忠実に再現されている。実際には細かく調整されているのかもしれないが、パッと見で変更されたことがわかるのはバンパーくらいでしかない。
ワゴン化の際に陥りがちな実用車っぽさはしっかりと封じ込まれていて、クーペとは表現の仕方は異なるが、「CLS」独特の“スペシャルなイメージ”は健在だ。

ボディーサイズは全長4956mm×全幅1881mm×全高1416mm。16mm長い全長以外は4ドアクーペと変わらず。ホイールベースも同一だ。荷室容量は590リッター(5人乗車時)〜1550リッター(最大時)。カッコよさを優先させたデザインだが、クーペ以上の実用性を持つ。またベンチタイプの後席を採用することで、乗車定員はクーペの4人から5人へと変更。このあたりにもクーペとのキャラクターの違いが表れていると言えるだろう。

一方、スーパースポーツモデルの「SLS AMG」に追加された「GT」は、「SLS AMG」のスポーツ性をさらに高めた一台。エンジンは標準モデルと同じ6.2リッターV型8気筒だが、最高出力を435kW(591ps)へとパワーアップ。これにより0-100km/h加速の所要時間を3.7秒へと0.1秒短縮することに成功している。なお、最大トルクは変わっていない。また、新しいAMGライドコントロールパフォーマンスサスペンションの採用などシャシーにも改良が加えられたほか、内外装でも差別化が図られている。クーペとロードスターのどちらでも選択が可能だ。

■フラッグシップとコンパクトの“これから”も展示

実車ではないが、今回はもう一つ注目の展示が行われていた。それは、「エステティックS」と呼ばれる、「Sクラス」のスタイリングを紹介するもので、2013年にデビューする新型「Sクラス」のサイドビューがエンボス加工されたスクリーン上に、その新型を含む歴代「Sクラス」の映像を映し出すという内容だった。

「スマート」ブランドからは、「forstars(フォースターズ)」と呼ばれる電気自動車のコンセプトカーが出展された。2012年のデトロイトモーターショーでお披露目された「forus(フォーアス)」の“ボディー違い”で、「フォーアス」が2人乗りのコンパクトなピックアップだったのに対し、「フォースターズ」は同じ2人乗りながら2BOXスタイルになった。ちなみにスマートでは「SUC=スポーツ・ユーティリティー・クーペ」と呼んでいる。

ボディーサイズは「フォーツー」よりもひと回り大きい全長3550mm×1710mm×1505mm。ホイールベースは2470mm。これは「フォーツー」よりも600mmほど長い。2人の人間を運ぶだけのシティーコミューターである「フォーツー」をベースに、「フォースターズ」は有効なラゲッジスペースを加えることで、新しい可能性を模索しているといったところかもしれない。なお、パワートレインは「フォーツー ブラバス エレクトリックドライブ」をベースに開発されている。

(文と写真=新井一樹)

「メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク」
「メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク」 拡大
「メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク」
「メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク」 拡大
 
メルセデス・ベンツブースの紹介(後編)【パリサロン2012】の画像 拡大
「メルセデス・ベンツSLS AMG GT」
「メルセデス・ベンツSLS AMG GT」 拡大
映像展示「エステティックS」のスクリーン。新型「Sクラス」のフォルムがエンボス加工されている。
映像展示「エステティックS」のスクリーン。新型「Sクラス」のフォルムがエンボス加工されている。 拡大
「エステティックS」で映し出された、新型「Sクラス」のCADデータと思われる映像。
「エステティックS」で映し出された、新型「Sクラス」のCADデータと思われる映像。 拡大
「スマートforstars(フォースターズ)」
「スマートforstars(フォースターズ)」 拡大
 
メルセデス・ベンツブースの紹介(後編)【パリサロン2012】の画像 拡大
 
メルセデス・ベンツブースの紹介(後編)【パリサロン2012】の画像 拡大

関連キーワード:
CLSシューティングブレーク, SLSクラス, メルセデス・ベンツ, スマート, パリモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
ホームへ戻る