独BMW、「3シリーズ」2010年モデルを発表

2010.01.19 自動車ニュース

独BMW、「3シリーズ」2010年モデルを発表

独BMWは、「3シリーズ」に一部改良を施し、欧州で発表した。

■前後デザインをリフレッシュ

「BMW3シリーズ」の2010年モデルが欧州で発表された。2010年モデルでは、3シリーズクーペ/カブリオレのエクステリアデザインが変更されるとともに、「335i」に搭載される3リッターターボエンジンが改良を受け、同時にパドルシフトの操作系も見直された。

3シリーズクーペ/カブリオレの外観上の変更箇所は、前後バンパー、ヘッドランプなど。バンパーにはスポーティさを強調した新設計のものが採用され、これに伴い前後のオーバーハングはそれぞれ、29mm、3mmずつ伸ばされた。

ヘッドランプは、トップ部に装飾が施された新デザインが採用されたほか、ポジションランプとウインカーにLEDを用いた「LEDパッケージ」が新たにオプション設定された。テールランプもレンズ内に2本の水平ラインが浮かぶ上がる新デザインとなった。

■3リッターターボエンジンにバルブトロニック採用

パワートレイン系では、335iクーペ/カブリオレに搭載される3リッター直列6気筒ターボエンジンが変更を受けた。従来は、ダブルVANOS+直噴+パラレルツインターボだったのが、2010年モデルではバルブトロニック+直噴+ツインスクロールターボという組み合わせとなった。このエンジンは「535iグランツーリスモ」から採用されたもので、今後「135iクーペ」や「135iカブリオレ」にも搭載されることが発表されている。

新エンジンは、最高出力306hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを発生。出力とトルクのピーク値は変更ないが、最大トルクの発生回転数が100rpm低められた。燃費は、335iクーペが約11.9km/リッター、335iカブリオレは約11.4km/リッター。CO2排出量はそれぞれ196g/km、205g/kmと発表される。

さらに7段DCT(ダブルクラッチトランスミッション)搭載車は、パドルシフトの操作方法も変更された。従来、左右のパドルはシフトアップとダウン、両方の機能を備えていたが、2010年モデルではフェラーリなどと同じように、右側パドルでシフトアップ、左側パドルでシフトダウンの方式に変更された。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
3シリーズ カブリオレ, 3シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.5.27 試乗記 BMWの最上級クーペ「8シリーズ」をベースとする、オープントップモデル「8シリーズ カブリオレ」に試乗。その優雅さと実用性を両立させる仕立てやスーパースポーツ顔負けの走りは、“フラッグシップ・オブ・ラグジュアリー”と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 2018.11.5 画像・写真 独BMWは2018年11月2日(現地時間)、新型ラグジュアリークーペ「BMW 8シリーズ クーペ」のオープントップバージョンたる「8シリーズ コンバーチブル」を発表した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る