スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売

2012.11.02 自動車ニュース

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売

富士重工業は2012年11月1日、「スバル・フォレスター」をフルモデルチェンジすると発表。11月13日の公開へ向け、ティザーサイトをオープンした。

「フォレスター」はスバル独創の「シンメトリカルAWD」を搭載したSUVモデル。今回フルモデルチェンジする新型は、1997年発売の初代から数えて4代目にあたる。

新型は「SUVとしての本質的な価値の実現」を目指し、「走る」「曲がる」「止まる」といったクルマの基本的な運動性能をはじめ、安全性能、環境性能による「安心」の価値を向上。同時にSUVならではの道具としての使う愉(たの)しさと、ストレスなく自由な移動を可能にする走る愉しさを大幅に進化させたとうたわれる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4595×1795×1695mm(ルーフレール付きは1735 mm)、ホイールベースは2640mmと、従来型よりも一回り拡大。エンジンは2リッター水平対向4気筒(最高出力148ps/6200rpm、最大トルク20.0kgm/4200rpm)と、DITと呼ばれる2リッター水平対向直噴ターボ(最高出力280ps/5700rpm、最大トルク35.7kgm/2000-5600rpm)の2種類が設定され、前者にはCVTと6MTが、後者にはCVTのみが組み合わされる。

新型「フォレスター」オフィシャルサイト:
http://www.subaru.jp/countdown/index.html

(webCG)

新型「スバル・フォレスター」
新型「スバル・フォレスター」 拡大

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像 拡大

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像 拡大

スバル、新型「フォレスター」を11月13日に発売の画像 拡大

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定 2020.10.8 自動車ニュース スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、STIがチューニングした「STI Sport」を追加設定している。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る