著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!

2009.06.27 自動車ニュース

著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!

ビジネスバイクの代名詞「ホンダ・スーバーカブ」が生誕50周年を迎え、これを記念したチャリティーイベント「Love Cub 50 プロジェクト」が展開中。
その一環として、著名人がデザインしたアート「カブ」の展覧会「Love Cub 50 プロジェクト展」が、2009年6月26日、東京は六本木ヒルズで始まった。

これまで世界で6000万台以上が販売されたという、ホンダ・スーパーカブ。「Love Cub 50 プロジェクト」は、そんな「世界の人に愛されたカブだから、世界の人にちょっと恩返ししたい!」(リリース)という考えのもと、ユニセフの活動をサポートする目的で始められたチャリティーイベントだ。

アーティスト、タレント、ミュージシャン、大学教授からウルトラマンにいたるまで、各界の著名人(?)60名以上が、思い思いに“アートカブ”をデザイン。
展示イベントやガイドブックの出版、車両そのものの販売を行い、得られた収益金は、ユニセフへ寄付される。

そんな特別なカブが見られるのは、東京の六本木で2009年7月5日まで。7月11日からは、京都市の「みやこめっせ」に会場を移す。

詳しい内容は
「Love Cub 50 プロジェクト」:http://www.lovecub50.com/
まで。

(webCG ワタナベ)

1958年8月に誕生した初代モデル「スーパーカブC100」(左)と、2009年6月デビューの新型「スーパーカブ110」(右)。ちなみに、初代モデル(49cc)の当時の価格は5万5000円、新型(110cc)は24万9900円ナリ。
1958年8月に誕生した初代モデル「スーパーカブC100」(左)と、2009年6月デビューの新型「スーパーカブ110」(右)。ちなみに、初代モデル(49cc)の当時の価格は5万5000円、新型(110cc)は24万9900円ナリ。 拡大
 
著名人デザインの「スーパーカブ」60台以上が六本木に!の画像 拡大
こちらは、ウルトラマンがデザインしたというカブ。まさに赤とシルバーのウルトラマンカラー!
こちらは、ウルトラマンがデザインしたというカブ。まさに赤とシルバーのウルトラマンカラー! 拡大

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, イベント, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
ホームへ戻る