「BMW3シリーズ」、ナビやトランスミッションをリニューアル

2008.11.20 自動車ニュース

「BMW3シリーズ」、ナビやトランスミッションをリニューアル

BMWジャパンは、「BMW3シリーズクーペ/カブリオレ/M3クーペ」の各車に新しいナビゲーションシステムとiDriveシステムを搭載。一部モデルのトランスミッションにも変更を加え、2008年11月18日に発売した。

今回、ナビゲーションシステムの「目的地入力」「ルート設定」といった機能を従来型より拡張。8.8インチディスプレイ内の地図表示面積を拡大した。
ミュージックサーバーの機能も備え、ハードディスクにCD約220枚分の曲を保存できるのも、新型ナビのジマン。

AV機能の操作システム「iDrive」も一新され、ブラインド操作が可能な「ダイレクトメニューコントロールボタン」をコントローラー周囲に設置、使用頻度の高い機能をより素早く呼び出せるようになった。

注目は、「335iクーペ」と「335iカブリオレ」のトランスミッションが、ツインクラッチ式の7段ATに変更されたこと。従来の6段ATに比べ、0-100km/h加速は0.3秒短縮。燃費についても、335iカブリオレで0.2km/リッター(10・15モード)向上したという。

価格は以下のとおり。

・320iクーペ(6MT):462.0万円
・335iクーペ(7AT):713.0万円
・335iカブリオレ(7AT):802.0万円
・M3クーペ(6MT):1013.0万円
・M3クーペ(M DCT ドライブロジック):1063.0万円

(webCG 関)

関連キーワード:
3シリーズ カブリオレ, 3シリーズ クーペ, M3クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Mのフラッグシップオープンモデル ソフトトップ採用の「M8カブリオレ」日本デビュー 2019.7.24 自動車ニュース BMWジャパンは2019年7月24日、ハイパフォーマンスクーペ「M8」をベースとしたオープントップモデル「M8カブリオレ」を発表し、同日に受注を開始した。50km/h以下であれば、走行時も開閉それぞれのアクションが15秒で完了するソフトトップを採用している。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • BMW Mの新たなフラッグシップモデル「M8」日本上陸 2019.6.25 自動車ニュース BMWジャパンは2019年6月25日、「BMW Mモデル」のフラッグシップクーペ「BMW M8」を発表し、同日に受注を開始した。ハイチューンモデルの「M8コンペティション」には、BMW M社が開発を手がけた最高出力625ps、最大トルク750Nmを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
ホームへ戻る