第356回:笑撃! えっ、フェラーリじゃないの?
 08年「フォード・マスタング・コンバーチブル」のおハナシ

2008.04.16 小沢コージの勢いまかせ!

第356回:笑撃! えっ、フェラーリじゃないの? 08年「フォード・マスタング・コンバーチブル」のおハナシ

たしかに馬は同じだけど……

いやー、久々にビックリ&考えさせられる出来事にあっちゃいました。すでにブログでも報告したけど、先日乗った2008年モデルの「フォード・マスタング・コンバーチブル」。なんと一日に2回も間違われちゃったのだ。それもフェラーリに!!

最初は休日に訪れたサッカーグラウンドの駐車場で、同じチームの年配プレーヤーに「えっ、コレ、フェラーリじゃないの?」と言われ、2回目はその次、食べにいったラーメン屋で馴染の兄ちゃんに「あのクルマ、凄いですねぇ。フェラーリですか?」と。
……もう、絶句っス! たしかにクラシカルデザインなんで、本当の初代マスタングと間違われることもあろうかとは思ってたけど、まさかフェラーリに間違われるとは。ある意味、うれしい誤算ではある。

でね。そのおっさんプレーヤーも言ってたんだよね。「俺、赤いオープンカーで馬のマークが付いてると、フェラーリにしかみえないんだよ」と。
たしかにそういうもんでしょう。人間、大抵は記号認識というか、クルマの正確なカタチなどよほど才能がなければ覚えられず、ある種断片的な記号の組み合わせで識別する。“真っ赤な低いスポーツカー”“馬のエンブレム”“サングラスをかけた男”等々。

実車を見たと言ってもせいぜいスーパーカーブームの頃の「512BB」や「デイトナ」、はてまたフェラーリF1マシン程度だったりするから、なんだかんだで“低くて平べったくてうるさいクルマ”というイメージしか残ってなかったりする。中でも馬のマークってのが分かりやすくて印象的なんだろうなぁ。でもフェラーリはご存じ“跳ね馬”だけど、マスタングは“ギャロッピングホース”だから全然違うんだけどね(笑)。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング サーキット試乗会【試乗記】 2013.1.12 試乗記 フォード・マスタング V8 GTクーペ プレミアム(FR/6AT)/V6クーペ プレミアム(FR/6AT)/V8 GTコンバーチブル プレミアム(FR/6AT)
    ……500万円/430万円/570万円

    2005年のフルモデルチェンジ以来、不断の進化を続けてきたアメリカンスペシャリティーの雄「フォード・マスタング」。最新モデルの実力を、クローズドコースで確かめた。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
ホームへ戻る