クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第63回:時代を駆けるフォード・マスタング
トレンド商品からブランドを代表するアイコンへ

2019.11.28 自動車ヒストリー 若者向けのポニーカーとして、あるいはパワフルなハイパフォーマンスカーとして、1964年の誕生以来、ファンに愛され続けている「フォード・マスタング」。アメリカを代表するスペシャリティーカーはどのようにして誕生し、今日まで受け継がれてきたのか?

「T型フォード」以来の大ヒット

フォード・マスタングは、スクリーンの中で印象的な姿を見せている。1966年の『男と女』では、主人公のジャン・ルイがコンバーチブルを愛車にするとともに、競技用に仕立てたマシンでモンテカルロ・ラリーに出場していた。1968年の『ブリット』のカーチェイスは、映画史に残る名シーンだ。サンフランシスコの坂道で、「ダッジ・チャージャー」と死闘を繰り広げる。音楽もセリフも一切なく、V8エンジンの音だけが響く10分ほどの映像は、今見てもクールだ。

映画のせいもあってマスタングはマッチョなクルマというイメージで受け止められてしまいがちだ。しかし、成り立ちは違う。1960年代初頭、アメリカでは戦後生まれの若者が運転免許を取得する時期を迎えていた。いわゆるベビーブーマーである。全世代中で最大のボリュームとなる層に向け、自動車メーカーは新たな商品を開発する必要に迫られていた。それは、コンパクトで低価格でありながら、スポーティーな性能を持つクルマである。

マスタングは、1964年4月17日にデビューした。ニューモデルは9月に発表されるのが通例となっていたが、ライバルが動く前に実績をつくっておこうという思惑でデビューを早めたといわれる。小型車の「ファルコン」をベースに設計されたが、ロングノーズ、ショートデッキのスポーティーなスタイルはまったく別の魅力を備えていた。

クーペとコンバーチブルがあり、最も安いモデルは2368ドルだった。本体価格を抑えてフルチョイスシステムと称する幅広いオプションを用意し、V8エンジン、オートマチックトランスミッション、パワーステアリングなどを選べるようにした。

選択肢の豊富さで若者以外からの支持を集めることにも成功し、“T型フォード以来”といわれるほどのヒットを記録する。販売台数は1964年に半年で約12万台。通年で販売された翌1965年には、新たに加わったファストバックも含めて約56万台に達した。

映画『ブリット』の劇中車として使用された、2台の「フォード・マスタング」のうちの1台。2018年のデトロイトショーに出展され、会場の話題をさらった。
映画『ブリット』の劇中車として使用された、2台の「フォード・マスタング」のうちの1台。2018年のデトロイトショーに出展され、会場の話題をさらった。拡大
1964年のニューヨーク万博にて、フォードパビリオンの前に展示された「マスタング」と、当時フォードの会長だったヘンリー・フォード2世。
1964年のニューヨーク万博にて、フォードパビリオンの前に展示された「マスタング」と、当時フォードの会長だったヘンリー・フォード2世。拡大
初代「マスタング」には、ノッチバックのクーペとコンバーチブル、ファストバックの、3つのボディータイプが用意されていた。
初代「マスタング」には、ノッチバックのクーペとコンバーチブル、ファストバックの、3つのボディータイプが用意されていた。拡大
ディアボーン工場のラインを流れる「マスタング」。マスタングはデビューとともに爆発的な人気を博した。
ディアボーン工場のラインを流れる「マスタング」。マスタングはデビューとともに爆発的な人気を博した。拡大

豊富なオプションが人気に

マスタングのデビューに2週間ほど先駆け、クライスラーから「プリマス・バラクーダ」が発売されている。1967年には「シボレー・カマロ」、1970年には「ダッジ・チャレンジャー」が登場する。これらのクルマは、ポニーカーと呼ばれた。

ポニーとは小型の馬のことで、本格的な乗馬を始める前の子供に与えられる。若者が最初に手に入れるクルマを馬になぞらえたわけだ。コンパクトでスポーティーなボディーが架装され、ベース価格は2500ドルほど、豊富なオプションで自分好みのクルマに仕立て上げられる一連のクルマをそう呼んだ。ちなみにマスタングとは、小型の野生馬を意味する。

カマロはマスタングに後れを取ったが、GMにはそれ以前に、ポニーカーの原型となったモデルがあった。1959年に発売されていた「シボレー・コルベア」をベースに、バケットシートや4段フロアシフトなどでスポーティーに装った「モンザ」である。このモデルが好評なのを見て、フォードのリー・アイアコッカが指示してつくらせたのがマスタングだといわれている。

GMも同様に新たな小型スポーティーカーの構想を進めていたが、クレイモデルまでつくられたものの、プロジェクトは中止となった。モンザが十分な競争力を持っていると考えたからだ。しかし、マスタングが登場すると、またたく間にこのマーケットを独占してしまった。

人気を高めるのに、レースでの活躍も一役買った。立役者は、キャロル・シェルビーである。レーシングドライバーとしてルマンやF1に参戦した彼は、引退後にレース活動や車両の開発を手がけるシェルビー・アメリカンを設立した。1962年にはイギリスのACカーズのオープン2シータースポーツにフォードのV8エンジンを載せた「コブラ」をつくり出している。マスタングのイメージ向上のため、フォードはシェルビーにレース用の車両製作を依頼した。

クライスラーがリリースした初代「プリマス・バラクーダ」。「マスタング」より一足早くにデビューしたコンパクトクーペだが、マスタングの登場で存在がかすんでしまった。
クライスラーがリリースした初代「プリマス・バラクーダ」。「マスタング」より一足早くにデビューしたコンパクトクーペだが、マスタングの登場で存在がかすんでしまった。拡大
シボレーのコンパクトカー「コルベア」をベースにスポーティーな味付けを施した「モンザ」。やはり「マスタング」の登場で商品力を失った。
シボレーのコンパクトカー「コルベア」をベースにスポーティーな味付けを施した「モンザ」。やはり「マスタング」の登場で商品力を失った。拡大
「マスタング」の発表会において、商品説明を行うリー・アイアコッカ。フォード部門の実質的なトップにあたり、マスタングの商品企画や営業面を統括した。
「マスタング」の発表会において、商品説明を行うリー・アイアコッカ。フォード部門の実質的なトップにあたり、マスタングの商品企画や営業面を統括した。拡大
今で言うレーシングコンストラクターのような事業を手がけていたキャロル・シェルビー。名車「コブラ」「デイトナ クーペ」などを世に送り出したほか、「フォードGT40」によるルマン24時間レースのプロジェクトにも深く関わった。
今で言うレーシングコンストラクターのような事業を手がけていたキャロル・シェルビー。名車「コブラ」「デイトナ クーペ」などを世に送り出したほか、「フォードGT40」によるルマン24時間レースのプロジェクトにも深く関わった。拡大

レースでの活躍でイメージアップ

SCCA(全米スポーツカー協会)のBプロダクションでレースを行うには、100台以上を製造販売することがホモロゲーション取得の条件となる。そのために用意されたのが「シェルビーGT350」だ。サスペンションを強化し、ボンネットをFRP製にするなどして軽量化を施したほか、レースの規定に合わせ、リアシートを取り除いて2シーターに仕立てていた。エンジンには4.7リッターのV8を搭載し、ボルグワーナーの4段マニュアルトランスミッションが組み合わされた。

もくろみどおりレースでは上位を独占し、マスタングは高性能車のイメージを確立する。GT350自体も人気となり、1965年に562台が生産された。翌1966年にはレンタカー会社のハーツから1000台の発注を受けたこともあり、生産台数は2380台に達した。

カマロが発表されたのは、1966年9月26日である。この頃のマスタングのベース価格が2510ドルだったのに対し2466ドルと安価で、ボディーサイズはわずかに大きかった。しかし、販売面ではマスタングをはるかに下回る。シボレーが販売促進のために考えたのは、やはりレースで好成績をあげることだった。

打倒シェルビー・マスタングを掲げてつくられたのが「Z28」である。このモデルの活躍もあってカマロは販売が伸び、1967年には20万台以上を売り上げた。ただ、この年マスタングは40万台以上の販売を記録しており、なかなか差は縮まらなかった。

シェルビー・マスタングの売れ行きは引き続き好調だったが、クルマの仕立ては少しずつ変わっていった。1965年モデルでは、剛性向上のための補強など、速く走るために多くの改造が施されていたが、外見上はノーマルモデルとさほど変わらなかった。1966年モデルでは性能の向上だけに血道を上げるのではなく、見た目のよさや快適さなどにも重点を置いた結果、前年を大きく上回る台数を販売した。この結果をふまえ、シェルビー・マスタングはより快適でより豪華な仕様へと変わっていった。1968年からは、生産の拠点もフォードのお膝元に移される。

「GT350」はシェルビーがレース用に開発したモデルで、「シボレー・コルベット」や「ジャガーEタイプ」といったスポーツカーを向こうにまわし、SCCAナショナルチャンピオンシップ Bプロダクションで、1965~1967年と3年連続で優勝している。
「GT350」はシェルビーがレース用に開発したモデルで、「シボレー・コルベット」や「ジャガーEタイプ」といったスポーツカーを向こうにまわし、SCCAナショナルチャンピオンシップ Bプロダクションで、1965~1967年と3年連続で優勝している。拡大
活躍の場をSCCA Trans-Amに変えてからも「マスタング」は強さを示し、シリーズ初開催からワークス参戦をやめる1966~1970年までの間に、1966年、1967年、1970年と3度にわたり年間タイトルに輝いている。写真は1970年。
活躍の場をSCCA Trans-Amに変えてからも「マスタング」は強さを示し、シリーズ初開催からワークス参戦をやめる1966~1970年までの間に、1966年、1967年、1970年と3度にわたり年間タイトルに輝いている。写真は1970年。拡大
「マスタング」のライバルである「シボレー・カマロ」は1966年に登場。レースでもしのぎを削り、SCCA Trans-Amでは1968年、1969年と2度にわたりマスタングを打ち負かした。
「マスタング」のライバルである「シボレー・カマロ」は1966年に登場。レースでもしのぎを削り、SCCA Trans-Amでは1968年、1969年と2度にわたりマスタングを打ち負かした。拡大
1969年型「シェルビーGT500」。シェルビー・マスタングは年を追うごとにレースイメージから遠ざかっていき、次第に「パワフルなエンジンが設定された豪華なスペシャルモデル」となっていった。(写真:Newspress)
1969年型「シェルビーGT500」。シェルビー・マスタングは年を追うごとにレースイメージから遠ざかっていき、次第に「パワフルなエンジンが設定された豪華なスペシャルモデル」となっていった。(写真:Newspress)拡大

野生馬を存続させた変化

マスタングは1969年、カマロは1970年にモデルチェンジされ、ボディーは大型化し、エンジンパワーが増大した。時代はマッスルカーの流行を迎えていたのだ。一方でハイパワー車の存在を危うくする事態が進みつつあった。1967年から排ガス規制が始まり、安全基準も厳しくなっていた。野放図なパワー競争は不可能になっていく。

1972年の規制によるダメージは、とりわけ大きかった。最高で375馬力だったマスタングのパワーは275馬力まで落とされ、カマロZ28は360馬力から255馬力までダウンした。販売台数も目に見えて低下する。1966年に60万台を売り上げたマスタングは、1972年には7万5000台しか売れなかった。

これを受け、1974年に登場した「マスタングII」は一気にコンパクト化。搭載されたエンジンは、直列4気筒とV型6気筒だけだった。初めてV8エンジンの設定が消滅したのである。マッスルカーの時代を経て、パワーよりも外見でスポーティーさを表現する方法が定着したのだ。

それでも、ファンの間ではV8の不在は不満だったようで、1975年モデルで早くも5リッターV8エンジンがカタログに復活。1983年には、長らく廃止されていたコンバーチブルも設定された。また排出ガス対策にめどがつくと再びエンジンを高出力化し、ハイパフォーマンス路線へと回帰。一方で長きにわたり経済的な4気筒エンジンを設定し続けるなど、マスタングは幅広い要望に応えるスペシャリティーカーとして魅力を高めていった。

2014年4月17日、全米3カ所でマスタング50周年を祝うイベントが行われた。西海岸のラスベガス・スピードウェイと東海岸のシャーロット・スピードウェイに数千台のマスタングが集まり、ニューヨークでは50年前と同様に、エンパイアステートビル86階の展望台に実車が展示された。バラクーダは1974年に生産が終了し、カマロ、チャレンジャーはともに一時期生産が中断されている。ポニーカーの時代からブランドを継続させてきたのは、マスタングだけである。

(文=webCG/イラスト=日野浦剛)

世相や環境の変化を受け、大幅なダウンサイジングがなされた「マスタングII」。当初はV8エンジンも設定されていなかった。
世相や環境の変化を受け、大幅なダウンサイジングがなされた「マスタングII」。当初はV8エンジンも設定されていなかった。拡大
高出力の5リッターV8エンジンを搭載した1990年モデルの「マスタングGT」。高性能モデル用にしばらく2.3リッター直4ターボと5リッターV8を設定していたマスタングだが、このモデルからV8に一本化。高性能車=大排気量という路線に回帰していった。
高出力の5リッターV8エンジンを搭載した1990年モデルの「マスタングGT」。高性能モデル用にしばらく2.3リッター直4ターボと5リッターV8を設定していたマスタングだが、このモデルからV8に一本化。高性能車=大排気量という路線に回帰していった。拡大
2005年のモデルチェンジでは、初代をモチーフにした内外装デザインを採用。このコンセプトは他メーカーに大きな影響を与え、「シボレー・カマロ」や「ダッジ・チャレンジャー」も、これに追従することとなった。
2005年のモデルチェンジでは、初代をモチーフにした内外装デザインを採用。このコンセプトは他メーカーに大きな影響を与え、「シボレー・カマロ」や「ダッジ・チャレンジャー」も、これに追従することとなった。拡大
「マスタング」は世界で最も多く販売されたスポーティークーペ/コンバーチブルとされている。写真は生産1000万台目の個体(手前)と、1964年に最初にラインオフした個体(奥)。2018年8月、エドセル&エレノア・フォード ハウスにて。
「マスタング」は世界で最も多く販売されたスポーティークーペ/コンバーチブルとされている。写真は生産1000万台目の個体(手前)と、1964年に最初にラインオフした個体(奥)。2018年8月、エドセル&エレノア・フォード ハウスにて。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォード の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。