第453回:今後のメルセデスはますますデザインに走る!? 「CLSシューティングブレーク」発表会&新型「Aクラス」欧州試乗!

2012.07.27 小沢コージの勢いまかせ!

第453回:今後のメルセデスはますますデザインに走る!?「CLSシューティングブレーク」発表会&新型「Aクラス」欧州試乗!

「CLS」はワゴンで決まり!

いやはや変わる変わるとは思ってたけど、ますます変わってきた気がしますぜ。世界のメルセデス・ベンツ! 今回スロベニアで行われた新型「Aクラス」試乗と、ロンドンからクルマで数時間のところにある、歴史あるサーキット、ブルックランズで行われた「CLSシューティングブレーク」のワールド発表会に行ってきたんだけど、これがもう、とにかくなりふり構わぬアピールぶり。

まずはCLSシューティングブレークだけど、驚いたのは発表会場に堂々と他ブランドのシューティングブレークを置いていること。といっても、直接のライバルではなく“先達(せんだつ)”のモデルだ。そもそもこのジャンルが、狩猟を前提としたイギリスのスノッブな自動車カルチャーから生まれたことをフィーチャーしてるんだろうけど、それにしてもアストン・マーティンのシューティングブレークを並べてるなんて、他の発表会じゃ聞いたことないッス。

それとプレゼンテーションで面白かったのは、動物の例えバナシだ。「馬とカバを一緒にして、美しいデザインが生まれると思いますか?」だって(笑)。それだけチャレンジングなデザインだとアピールしているわけだけど、確かにCLSシューティングブレークを見て、俺もちょっと考え変わった部分はありました。

最初は、ブレークっていうかワゴンの一種だってことにとらわれて、ガンコオヤジよろしく「カッコだけのワゴンかよ!」と訝(いぶか)しく思っていたのも事実。なんというか、ベンツ版「アルファ156スポーツワゴン」みたいなイメージよね。ついついナンパに走ってしまったメルセデス、オマエもか! みたいな(笑)。

で、まあ、大筋はその通りだろうけど、実際のところ、CLSシューティングブレーク、実にカッコ良いわけですよ。特にリアのマッチョなフェンダーとリアまわりのトロンとした傾きのマリアージュが◎。ちょっとデカダン系のデザインで、ぶっちゃけセダンより全然カッコいい!

そもそも、「CLS」は初代の方が華奢(きゃしゃ)で全然良かったと思っていて、2代目はゴージャスだけど、ちょっと大味だなぁ……と思ってたのがほどよく打ち消された感じ。

ラゲッジルームの容量もマジなワゴン並みにデカいし、リアシートには身長176cmの俺が余裕で乗れる。見た後は「もしやCLS買うならシューティングブレーク!?」なんて現金にも思っちゃった次第。つくづく、七難隠すはナイスデザイン! なんちゃってね(笑)。ちなみに日本導入時期は未定です。

 
第453回:今後のメルセデスはますますデザインに走る!? 「CLSシューティングブレーク」発表会&新型「Aクラス」欧州試乗!の画像 拡大
リアまわりの流麗なラインが特徴の新型ワゴン「メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク」。
リアまわりの流麗なラインが特徴の新型ワゴン「メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク」。 拡大
キモとなる荷室も、ご覧のとおり板張りになるなど、個性豊か。
キモとなる荷室も、ご覧のとおり板張りになるなど、個性豊か。 拡大
「『CLSシューティングブレーク』のデザイン作業は、馬とカバを融合させるがごとく難易度の高い作業だった」とは、ダイムラーの弁。
「『CLSシューティングブレーク』のデザイン作業は、馬とカバを融合させるがごとく難易度の高い作業だった」とは、ダイムラーの弁。 拡大
発表会の会場には、同じ“シューティングブレーク”のアストン・マーティン(旧車)も並べられた。
発表会の会場には、同じ“シューティングブレーク”のアストン・マーティン(旧車)も並べられた。 拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る