ホンダ、欧州アコードの写真公開【ジュネーブショー08】

2008.02.12 自動車ニュース

【ジュネーブショー08】ホンダ、欧州アコードの写真公開

ホンダが、ジュネーブショーへの出展を予定している、新型「アコード」(欧州仕様)の写真を公開した。

■高次元の走り、スタイル、安全性を追求

既報の通り、ホンダは2008年3月のジュネーブショーで、新型アコード(欧州仕様)を出展する。このたびセダン版「アコード」とワゴン版「アコードツアラー」の写真公開されたのでお届けしよう。

発表によると新型アコードシリーズは、操縦安定性に優れたスポーティな走りを筆頭に、先進的なエクステリアデザインや高い安全性をコンセプトに掲げ、開発されたとのこと。

パワーユニットは、2リッター(156ps/19.6kgm)と2.4リッター(200ps/23.8kgm)の2種類のi-VTECガソリンエンジンと、2.2リッター i-DTECディーゼルエンジン(150ps/35.7kgm)の計3種類が用意される。ディーゼルのi-DTECは、ガソリンに匹敵する排ガスのクリーンさを誇る新世代ユニット(関連記事)。欧州で2009年に施行予定の次期排出ガス基準「Euro5」のほか、各国で実施される厳しい排ガス基準をパスできる、次世代グローバルディーゼルと目されるエンジンだ。

安全面については、車両の挙動を安定させるVSA(車両挙動安定化制御システム)が全車に標準装備される。ほかにも、LKAS(車線維持支援機能)やACC(車速/車間制御機能)、CMBS(追突軽減ブレーキ)をオプションで設定し、予防安全性を高めている。

また、衝突時に乗員保護に加え相手車両への攻撃性も考慮した「コンパティビリティ対応ボディ」により、衝突安全性にも考慮したアッパーミドルセダン/ワゴンが目指された。

スタイリングは、市場ごとに若干意匠が異なる。今回ほぼ同時に発表された欧州仕様と北米仕様(米名:アキュラTSX・ニューヨークショーで発表)ではフロントマスクの表情が若干異なる。日本仕様の正体が判明するのは今年春頃?

(webCG 曽宮)

 
ホンダ、欧州アコードの写真公開【ジュネーブショー08】の画像
欧州アコード
欧州アコード
欧州アコードツアラー
欧州アコードツアラー
欧州アコード
欧州アコード
アキュラTSX(北米仕様)
アキュラTSX(北米仕様)
欧州アコードのインパネ
欧州アコードのインパネ

関連キーワード:
アコード, アコードツアラー, ホンダ, ジュネーブモーターショー2008, イベント, 自動車ニュース

ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダが新型「アコード」の情報をホームページで先行公開 2020年初めに国内導入を予定 2019.8.2 自動車ニュース 新型は、ロー&ワイドで流麗なエクステリアデザインと、ゆとりある室内空間がセリングポイント。リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているという。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
ホームへ戻る