「パサート オールトラック」の概要が発表

2012.02.23 自動車ニュース

独フォルクスワーゲン、「パサート オールトラック」を発表

独フォルクスワーゲンは2012年2月20日、「パサート」シリーズに追加予定のクロスオーバーモデル「パサート オールトラック」の概要を発表した。

■日本導入は2012年第3四半期

東京モーターショー2011で発表された「パサート オールトラック」の市販バージョンの概要が発表された。パサート オールトラックは、「パサートヴァリアント」をベースに作られたクロスオーバーモデルで、専用の前後バンパーやフェンダーエクステンション、ロードクリアランスを拡大するサスペンションなどにより、SUV風の雰囲気が演出されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4771×1820×1513mmで、本国発表の数値では、全長は「パサートヴァリアント」と同一。ボディーのサイドにはフェンダーエクステンションが装着されているものの、全幅もヴァリアントと同数値に設定されている。一方、最低地上高はヴァリアントの135mmに対して、オールトラックでは165mmに高められており、フロントのアプローチアングル(対地障害角)も13.5度から16度(リアは11.9度→13.6度)に拡大されるなど、路面と干渉しづらいボディー形状となっている。

このほか走破性を向上させるデバイスとして、「トゥアレグ」「ティグアン」と同様に、エンジン、トランスミッションのほか、ABSやEDS(電子制御デフロック)の設定をボタンひとつでオフロード走行向けの設定に切り替えられる装備がフォルクスワーゲンのSUV以外の乗用車では初めて採用される。

エンジンは、ガソリンが1.8TSI(160ps)と2.0TSI(210ps)の2タイプ、ディーゼルは2.0TDI(140ps)と2.0TDI(170ps)の2タイプ。駆動方式は、本国仕様ではFFと4WDが設定される。日本導入モデルは、2.0TSI+6段DSGの4WDモデルとなる可能性が高く、導入時期は2012年第3四半期が予定されている。

(webCG 曽宮)

「パサート オールトラック」
「パサート オールトラック」 拡大
「パサート オールトラック」の概要が発表の画像 拡大
「パサート オールトラック」の概要が発表の画像 拡大
「パサート オールトラック」の概要が発表の画像 拡大
トランクルーム容量は、5人乗り時で603リッター、2人乗り時には最大で1731リッターに拡大可能。
トランクルーム容量は、5人乗り時で603リッター、2人乗り時には最大で1731リッターに拡大可能。 拡大

関連キーワード:
パサート, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン パサート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.8 試乗記 マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンのクロスオーバー「パサート オールトラック」に試乗。パワートレインの改良や最新世代の運転支援システムの採用で、地味で実直なそのキャラクターはいかなる進化を果たしたのか?
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る