パリモーターショー2016の会場から(その9)

2016.10.04 画像・写真

2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。フォルクスワーゲンは、EVのコンセプトカー「I.D.」を世界初公開した。最大航続距離は600kmを誇り、2020年ごろの発売を予定しているという。また、外装の迫力を増した「ティグアンRライン」や、9.2インチディスプレイをジェスチャーでコントロールできる「e-ゴルフ タッチ」も併せて展示された。(写真=webCG取材チーム)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • ハイパフォーマンスなゴルフGTIが再び登場 2019.2.13 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年2月13日、「ゴルフ」に特別仕様車「ゴルフGTIパフォーマンス」を設定し、販売を開始した。エンジンや足まわりはそのままに、従来モデルとは異なるデザインの専用19インチホイールを装着している。
ホームへ戻る