富士の裾野に珍しいサソリが大集合! 「ABARTH DAYS 2019」の会場から

2019.11.14 画像・写真

アバルトの公式祭典「ABARTH DAYS 2019」が、2019年11月9日に開催された。まさにイベントシーズン真っただ中のタイミングだが、同イベントがこの時期に行われるのは、創始者カルロ・アバルトの誕生月であるさそり座の季節に合わせたものだ。今年は、フィアットの120周年に加え、アバルトもブランド設立70周年の節目となるだけに、会場を従来の都内から国際サーキットである「富士スピードウェイ」に変更。まさにモータースポーツで活躍してきたアバルトブランドにふさわしい舞台となった。

当日は、全国各地から291台のアバルト車と531人のファンが集結。オープニングでは、多くのアバルト車がサーキットコースのメインストレートに整列して、記念イベントの開催を祝った。今回はサーキットでの開催ということもあり、サーキットコースでのパレードランをはじめ、富士スピードウェイ内の走行コースを使ったジムカーナやドライビングレッスンなど、走りのコンテンツが充実していた。

このほかにもメイン会場となるAパドックでは、ステージでのトークショーなどのさまざまなコンテンツを展開。その中でも特にファンの心を捉えたのが、「ABARTH MUSEUM」だ。30台以上がそろったヒストリック・アバルトたちは、どれも貴重なモデルばかり。しかも、その多くはナンバーが装着された現役車だ。このため、コンディションの良いものも多いようで、午後に行われたサーキットコースでのデモンストレーションランでは、多くの車両が参加し、集まったファンを歓喜させた。

最大のファンへのサプライズは、アバルト設立70周年を記念した限定車「アバルト695 70°Anniversario」の日本初披露。しかも、本国でお披露目されたものとは異なる、日本向けの右ハンドル車が展示された。イベント開始3日前に、空輸で届いたばかりだという。当初、限定100台が導入される予定であったが、問い合わせの多さから本社との交渉の結果、来年にもう100台が追加上陸されることも急きょ発表された。この限定車の販売方法として、11月15日の19時58分から、ウェブでの先着順で予約申し込みが実施されるのもユニークだ。

それでは、愛らしくそして刺激的なアバルトたちが富士スピードウェイを埋め尽くした一日の様子を写真とともに紹介しよう。

(文と写真=大音安弘)

◆関連記事:アバルト70周年記念モデル「アバルト695 70°Anniversario」国内で初披露

あなたにおすすめの記事
新着記事