メルセデス・ベンツSLKとCLSがフェイスリフト』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • BMWが「6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表 2020.5.29 自動車ニュース 独BMWは2020年5月27日(現地時間)、「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表した。フロントグリルを大型化し細目のヘッドランプを採用するなど、最新のBMW車に共通するデザインコンセプトを用いている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • アルピナがニューモデル「D3 S」を発表 最高出力355PSの高性能ディーゼルモデル 2020.5.11 自動車ニュース ニコル・オートモビルズが「BMWアルピナD3 S」の日本導入を発表。最高出力355PSの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載した高性能スポーツモデルで、アルピナ初のマイルドハイブリッド機構の採用により、高効率な走りも追求されている。
ホームへ戻る