「ボルボS40/V50」に、シート素材にこだわった特別仕様車

2007.05.23 自動車ニュース

「ボルボS40/V50」に、シート素材にこだわった特別仕様車

ボルボ・カーズ・ジャパンは、セダン「S40」とステーションワゴン「V50」の2007年モデルに特別仕様車を設定。合計300台限定で、2007年5月22日に発売した。

特別仕様車「T-Tecエディション」は、シート生地にスポーツウェアや旅行用品を参考にしたという素材「T-Tec」が採用された。

外装色には、エレクトリックシルバー、チタニウムグレーパール、パッションレッド、ブリリアントブルーパールの4色を用意。そのうちシルバーとグレーについては、オフブラックのインテリアにベージュのシートを組み合わせたT-Tecエディション専用の2トーン内装が与えられた。
エクステリアでは、ドアミラーカバーがマットクローム仕上げとなるのも特徴。

価格は「S40 T-Tecエディション」が298万円、「V50 T-Tecエディション」が329万円。ともに右ハンドルで、それぞれ60台と240台の限定販売となる。

(webCG 関)

「V50」(写真手前)と「S40」の「T-Tecエディション」。
「V50」(写真手前)と「S40」の「T-Tecエディション」。
写真は、海外市場モデルのインテリア。
写真は、海外市場モデルのインテリア。

関連キーワード:
S40, V50, ボルボ, S40, 自動車ニュース

ボルボ S40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード 2019.2.12 画像・写真 8年ぶりにフルモデルチェンジした、ボルボのミッドサイズセダン「S60」。2019年秋の国内販売開始に先駆けて、最上級モデル「S60 T8ポールスターエンジニアード」(北米仕様車)が東京都内で披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • ボルボV90 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.27 試乗記 クリーンディーゼルを搭載するボルボの大型ワゴン「V90」で、600kmオーバーのロングドライブへ。そのステアリングを握った筆者の目には、家族や友人と過ごす豊かなライフスタイルのイメージが鮮やかに浮かんできた。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.14 試乗記 ガソリンモデルから遅れること数カ月。ボルボの主力モデル「V60」のプラグインハイブリッド車(PHV)がデビューした。ボルボの金看板ともいえるステーションワゴンと電動パワートレインとのマッチングを試す。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
ホームへ戻る