第20章:「コンビニ化も間近!? 『フェラーリ・ストア』 続々開店」

2007.01.26 FIAT復活物語

第20章:「コンビニ化も間近!? 『フェラーリ・ストア』 続々開店」

フェラーリの三大市場

昨年イタリアで新車登録されたフェラーリは606台で、前年比2.54%増だった。同じフィアット・グループで高級ブランドのマセラーティが−9.72%と落ち込んだことを考えると、やはり“跳ね馬のご威光強し”である(数値はイタリア自動車工業会の暫定値)。

ちなみに昨年のメーカー資料によると、フェラーリの三大市場は、上位から米国、ドイツ、英国である。以下イタリア、スイスと続き、日本は6位だ。

オフィシャルグッズ・ショップ、積極的に展開

ところでフェラーリが、ここ数年積極的に展開しているものがある。「フェラーリ・ストア」というオフィシャルグッズ・ショップだ。

当初は前々回紹介したマラネッロの本社前のみだったが、ニ大都市ローマとミラノにも開店した。

さらに昨年夏にはヴェネツィア店もオープンした。9月に行われたオープニング・イベントにはミハエル・シューマッハーとフェリッペ・マッサも参加。F1を船で運び、彼らも名物のゴンドラに乗船するというパフォーマンスを披露した。

フェラーリ・ストアは空港内にも展開している。すでにマラネッロに最寄のボローニャだけでなく、ミラノ・マルペンサやローマ・フィウミチーノのなかにもある。

従来イタリアの空港といえば、超高級ブランドの免税店か、もしくは「ピサの斜塔型ワイン」「ミケランジェロ作ダヴィデ像の局部をプリントしたエプロン」などを扱う、たわいもない土産物店という両極端のイメージがあった。そんななか、フェラーリ・ストアの進出は、クルマ好きでなくてもなかなか新鮮だ。

海外にもラスヴェガスのほか、上海と杭州にある。中国に2店とは、本業のクルマにおける近未来のお得意様を見据えた戦略であろう。
なお、それ以外の国や地域の顧客には、インターネットサイト(http://www.ferraristore.com/)で対応している。

ヴェネツィア店の開店祝いに駆けつけたマッサとシューマッハー。
ヴェネツィア店の開店祝いに駆けつけたマッサとシューマッハー。 拡大
F1ソリ。耐荷重さえ許せば、ぜひ試乗したいところ。
F1ソリ。耐荷重さえ許せば、ぜひ試乗したいところ。 拡大
Acer社のパソコン、フェラーリ4000シリーズ。
Acer社のパソコン、フェラーリ4000シリーズ。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事