【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」
アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」

2005.10.21 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」

自動車ジャーナリストが気になるクルマを紹介する「オレはこう見る!」。「勢いまかせ!」の小沢コージが、気になるクルマをチェック!

■ほどよい“濃さ”とリアリティ

いやぁ東京モーターショー、なかなかよかったです。プレスデイ、空いてて。どういう風の吹き回しか、今年はカメラ小僧とか、直接関係ないメーカーの人を厳しく制限したそうで場内はガラガラ。本来のプレスデーを楽しめました。
内容も個人的には凄く良かった。というのもあんまり「絵に描いたモチ」というか、ウソくさいコンセプトカーがなかったし、「リアル」を感じられた気がするんだよね。
目玉が多過ぎないのも良かった。「日産GT-Rプロト」とか「レクサスLF-Sh」ぐらいでさ。

メチャクチャなまけモノ発言ですけど、ネタが多すぎるのって好きじゃないのよ。できがどんなによくても「楽しい」が「ツライ」になってしまう。焼肉食べ放題とまったく同じ。どんなに美味しいものでも、ある一定以上の量は「不味い」になってしまう。人間、記憶の限界ってのがありますから。

■非常によろしい!

ところで気に入ったのはアストンマーティンV8ヴァンテージ。すでに発表されてるモデルだけど、よかったなぁ。問答無用のカッコよさ!
理由を考えるとキモは“凝縮感”。ただでさえカッコいいヴァンキッシュやDB9のテイストを、さらにギュッっと濃縮した感じで、見た時の“小せぇ”感が非常によろしい。空冷時代のポルシェ911が持ってた感覚と似てるよね。小さくて高性能。その昔のソニー製品と同じで“持ってるだけで嬉しい”とか思ってしまいます。

エンジンは潤滑系がドライサンプで、アルミモノコックシャシーで、トランスアクスルってのも“イイ物”感があって、これまた非常によろしい。
細かく言えば、あのセクシーなリアフェンダーも良かった…うぅ。とりあえず“飼って”置きたくなります。

一方、同じデザイナーさんが担当したであろうニュー「ジャガーXK」……驚くほどカッコ悪いです。なんでだろ。
ま、とにかくちょっと欲しいなぁ、ヴァンテージ。カネないけどさ。

(文と写真=小沢コージ)

 
【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」の画像


 
【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」の画像


 
【東京モーターショー2005】「小沢コージはこう見る!」アストンマーティンV8ヴァンテージ「久々に“飼っておきたい”感じ」の画像

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, アストンマーティン, 東京モーターショー2005, イベント, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • 「マセラティ・グラントゥーリズモ」の最終モデル「ゼダ」発表 次期モデルは同ブランド初のピュアEVに 2019.11.12 自動車ニュース 伊マセラティは2019年11月11日(現地時間)、「グラントゥーリズモ」および「グランカブリオ」のモデナ工場での生産終了をアナウンスするとともに、最終生産を祝して誕生した「グラントゥーリズモ ゼダ」を公開した。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る