トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフト

2004.12.21 自動車ニュース

トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフト

トヨタ自動車は、ミディアムセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装と安全装備などを変更するなどし、2004年12月20日から販売を開始した。

両車ともにフロントバンパー、グリル、ヘッドランプ、テールランプのデザインを変更。15インチタイヤ装着車では、アルミホイールの意匠も新しいものとなった。
内装では、アイボリーを明るめにし、上質感と高級感を高めたという。
装備面では、車速感応式ドアロック、ガラスプリントアンテナ、花粉除去クリーンエアフィルターなどが全車に標準装備された。
加えてシートベルトの締め忘れを警告するシートベルトリマインダーを全車に与え、SRSサイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグが、一部グレードにオプション設定された。ディスチャージヘッドランプをオートレベリング機能付きに変更したことも新しい。

ボディカラーでは、プレミオに「ベージュメタリック」「ブルーマイカメタリック」を、アリオンには「ローズメタリック」が新たに追加設定された。

価格は、プレミオが159.6万円から233.1万円、アリオンは157.5万円から222.6万円まで。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「プレミオ」:http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:http://toyota.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

 
トヨタの兄弟セダン、「プレミオ」「アリオン」がフェイスリフトの画像

【写真上】「アリオンA18“Sパッケージ”」
【写真下】「プレミオF“Lパッケージ”」
 

	【写真上】「アリオンA18“Sパッケージ”」
	【写真下】「プレミオF“Lパッケージ”」
	 

関連キーワード:
プレミオ, アリオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プレミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • ただいま鋭意開発中! 次期「トヨタ86/スバルBRZ」でいま考えられること 2020.3.27 デイリーコラム モデル末期をにおわせる「トヨタ86」の限定車が登場。兄弟車「スバルBRZ」ともども、いよいよフルモデルチェンジのときが近づいてきたようだ。現時点で考えうる、デビュー時期やメカニズムについて予想してみた。
ホームへ戻る