三菱「eKワゴン」にスポーティバージョン「eKスポーツ」

2002.09.09 自動車ニュース

三菱「eKワゴン」にスポーティバージョン「eKスポーツ」

三菱自動車は、軽乗用車「eKワゴン」の派生車種として、「スタイリッシュ・スポーツ・ワゴン」をテーマとした「eKスポーツ」を、2002年9月2日に発売した。また「eKワゴン」の一部を改良し、同日販売を開始した。

■ターボを載せた「eKスポーツ」

「eKワゴン」にちょっと精悍なマスクを与えた「eKスポーツ」。eKワゴン同様の0.66リッター直3エンジンを載せた「Z」に加え、インタークーラー付きターボ搭載の「R」をラインナップ。Rには、チューニングされたサスペンションや、Zより1段多い4段ATなどを盛り込み、よりスポーティな性格を与えた。

凹凸をなくした直線的なボディ、インタークーラーを冷やすスケルトンタイプのエアインテークなどが外観上の特徴。黒基調の室内には、革巻きステアリングホイールや前後スポーツシートなどを配した。

ベーシックなZの機関は、基本的にeKワゴンのものに準ずる。エンジンは最高出力50ps/6500rpm、最大トルク6.3kgm/4000rpm。トランスミッションは3段ATだ。

一方、Rに搭載されるターボユニットは、64ps/6000rpm、9.5kgm/3500rpmを発生。「トッポBJ」の4段ATを最適化して組み合わせる。
前マクファーソンストラット、後トルクアーム式リンクと形式はZと同じだが、スプリングを強化するなどし、操縦安定性や操舵応答性の向上を図った。
ストッピングパワーもアップ。13インチタイヤを履くZが前ディスク/後ドラムなのに対し、14インチタイヤのRは、フロントにベンチレーテッドディスクを採用した。

価格は、Zが115.0万円(2WD)と126.0万円(4WD)、Rは126.5万円(2WD)と137.5万円。

■燃費向上「eKワゴン」

eKワゴンへの改良は、機能装備の充実や燃費の向上などが主。運転席にハイトアジャスターを標準装備したほか、シートヒーターを寒冷地仕様との組み合わせでメーカーオプション設定するなどした。

また、トルクコンバーターの設定変更などにより燃費を向上。10・15モードで、2WD車がリッター19.2km(従来は17.4km)、4WD車は17.2km(同15.8km)となった。

価格は、91.0万円から115.8万円まで。

(webCG 有吉)

三菱自動車「eKスポーツ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/eKSPORT/
同「eKワゴン」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

 
三菱「eKワゴン」にスポーティバージョン「eKスポーツ」の画像

eKワゴン
 

	eKワゴン
	 

関連キーワード:
eKワゴン, eKスポーツ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 「ホンダN-BOX」の牙城を崩せるのか
    新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン」の可能性は?
    2019.3.28 デイリーコラム パワートレインやプラットフォームを刷新したほか、先進安全装備も大幅に強化して登場した新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン/eKクロス」。王者「ホンダN-BOX」が君臨するマーケットで、果たして存在感を発揮することはできるのだろうか。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る