新型「フォード・フォーカス」が日本上陸

2013.02.07 自動車ニュース

フォード、Cセグメントハッチバックの新型「フォーカス」を発売

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年2月7日、新型「フォーカス」を4月13日に発売すると発表した。

「フォーカス」は1998年の初代デビュー以来、世界累計販売1000万台以上を記録するフォードの主力車種である。日本でもかつて初代と2代目が販売されていたが、2008年に販売を終了していた。今回、およそ5年ぶりに日本に上陸した新型フォーカスは、初代から数えて3代目のモデルにあたり、フォードが「One Ford」戦略のもとに開発した初のグローバル・コンパクトとして、世界120カ国以上で販売される。

海外仕様には4ドアセダンなども存在するが、日本で販売されるのは5ドアハッチバックのみ。全長×全幅×全高=4370×1810×1480mm、ホイールベース=2650mmのボディーは、上下二分割の台形グリルや切れ長のヘッドランプなど、フォードのデザインコンセプトである「キネティック・デザイン」にのっとったスタイリングが特徴となっている。

パワートレインは、直噴システムや吸排気可変バルブタイミング機構を備えた2リッター直4エンジンと、デュアルクラッチ式6段セミATの組み合わせで、170ps/6600rpmの最高出力と、20.6kgm/4450rpmの最大トルクを発生。アンダーステアを軽減する「トルクベクタリングコントロール」や、軽さと剛性を両立したボディー構造とも相まって、優れた動力性能を発揮する。また、燃費性能も重視しており、エンジンには低速走行時などの燃料供給量を抑える「ADFSO(Aggressive Deceleration Fuel Shut-Off:減速時燃料遮断機構)」が装備される。

一方で、空力性能に優れたボディー設計やサスペンションのチューニング、遮音材の追加などにより、車内の静粛性や快適性も追及。自動ブレーキにより追突事故を回避、もしくはダメージを軽減する「アクティブ・シティ・ストップ」を全車に採用するなど、安全装備も充実している。

ラインナップは、スポーティーなエアロパーツやリアスポイラー、17インチホイールなどを備えた「Sport」の1グレードのみ。ハーフレザーシートや左右独立温度調節付きオートエアコン、9つのスピーカーを備えたプレミアムサウンドシステムなどを標準装備している。

ハンドル位置は右のみで、価格は293万円となっている。

(webCG)

→新型「フォード・フォーカス」のさらに詳しい写真はこちら

新型「フォード・フォーカス」
新型「フォード・フォーカス」 拡大

新型「フォード・フォーカス」が日本上陸の画像 拡大

新型「フォード・フォーカス」が日本上陸の画像 拡大

新型「フォード・フォーカス」が日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
フォーカス, フォード, 自動車ニュース

フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
  • フェラーリ初の市販オープンPHEV「SF90スパイダー」登場 2020.11.13 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年11月12日(現地時間)、同社初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」のオープンバージョンである「SF90ストラダーレ」を発表した。ルーフはリトラクタブルハードトップ構造となり、オープン/クローズの動作はそれぞれ14秒で完了する。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る