アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

2012.09.19 自動車ニュース

アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

伊フィアットは2012年9月17日、アバルト車を顧客の要望に応じてカスタマイズする「アバルト・フォーリセリエ・プログラム」を開始すると発表した。プログラムの詳細はパリモーターショー(2012年9月27日〜10月14日)で明らかにされる予定。

フォーリセリエ(Fuori Serie)とは「シリーズ外」を意味するイタリア語。自動車の分野ではカタログに載る量産モデルではなく、顧客のオーダーに応じて造られたスペシャルモデルを指す場合が多い。

今回フィアットが始めるサービスは、オプションパーツの装着程度にとどまるものではなく、「究極のレベルのカスタマイズ」がうたわれている。顧客はアバルト部門のデザイナー、エンジニア、メカニックらによって編成されるチームと面会し、細部に至るまで自分の好みを伝えられる機会が設けられるという。

カスタマイズのベース車両となるのは、180psまでチューンされたエンジンを搭載する「アバルト695」。車両を仕上げていくに当たり、量産モデルでは用意されないカラーリングや素材なども選択することができる。

(webCG 竹下)

「フォーリセリエ・プログラム」で仕立てられた「アバルト695」。
「フォーリセリエ・プログラム」で仕立てられた「アバルト695」。 拡大
アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】の画像 拡大

関連キーワード:
500, フィアット, パリモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 第691回:【Movie】いきなり登録ナンバーワン! 新型「フィアット500」に乗ってみた 2021.1.28 マッキナ あらモーダ! かつてショールームの展示車を紹介したディーラーから、大矢アキオに「新型『フィアット500』の試乗車がご用意できました」という誘いがやってきた。電気自動車に生まれ変わった新型の走りっぷりをムービーでお届けする。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク4xe(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.19 試乗記 道なき道を突き進むクロスカントリーの祖……こうしたイメージの根強いジープにも、いよいよ電動化の波が押し寄せてきた。ブランド初のプラグインハイブリッド車(PHEV)「レネゲード4xe」の仕上がりを試す。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
ホームへ戻る