ホンダ、「フィットEV」の国内リース販売を開始

2012.08.31 自動車ニュース

ホンダ、「フィットEV」の国内リース販売を開始

本田技研工業は2012年8月31日、電気自動車「フィットEV」の国内リース販売を開始した。自治体や企業向けを中心に、2年間で約200台をリース販売する予定。

「フィットEV」は、2011年のロサンゼルスオートショーで市販モデルが発表された、「フィット」ベースの電気自動車。「Fun」と「Mottainai」をキーワードに、「少ないバッテリー容量で、より長く走れること」「モータードライブの走りを、さらに究めること」「充電などにかかる時間のムダをなくすこと」を目指して開発された。

同車は、耐久性や安全性、回生受け入れ性などに優れた東芝製のリチウムイオンバッテリー「SCiB」を搭載。駆動モーターには、燃料電池車「FCXクラリティ」と同様のギアボックス同軸モーター構造を採用し、最高出力92kW(125ps)、最大トルク256Nm(26.1kgm)を発生させる。最高速は144km/h。JC08モードの交流電力量消費率(電費)は106Wh/kmで、1充電あたり225km走行することができる。

走りについては、力強い走りを体感できる「SPORT」、走りとエコのバランスがとれた「NORMAL」、航続距離を優先した「ECON」の3つの走行モードを選択できる「3モードドライブシステム」を搭載。モーター出力とアクセルレスポンス、空調を統合制御することで、それぞれ個性の異なる走りが楽しめるという。

ボディーカラーはリフレクションブルー・パール(新色)、インテリアカラーはライトグレーのそれぞれ1色のみが用意される。

価格は400万円。

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
ホームへ戻る