テスラ、新型EV「モデルS」のシャシーを公開

2012.08.31 自動車ニュース

テスラ、新型EV「モデルS」のシャシーを公開

テスラモーターズは2012年8月30日、アメリカでの納車が始まった電気自動車「テスラ・モデルS」のシャシーとバッテリーを東京・南青山のテスラ・ジャパン・ショールームで報道関係者に公開した。

「テスラ・モデルS」はアメリカの電気自動車(EV)専門の自動車メーカー、テスラモーターズが製造するEV専用設計の5ドアセダン。フル充電で480kmという航続距離を記録している。
「ロータス・エリーゼ」のプラットフォームを使用する「ロードスター」に対し、同社初のフルオリジナルモデルとなる。

アメリカではすでに納車が始まっているが、日本への導入に先立ち、このほど駆動用モーター、バッテリーなどのランニングコンポーネントを公開した。

会場では同社のバッテリー技術部門部長カート・ケルティー氏による技術解説があり、その中で「モデルS」の日本導入に際し、日本で普及している急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」に対応するためのアダプターを準備していることなどが話された。

「モデルS」の生産は年内に5000台を目標としており、日本への導入時期は2013年中旬を予定しているとのこと。日本国内での販売価格は未定。
「モデルS」のランニングコンポーネントは同ショールームで8月31日より一般にも公開される。

(文と写真=工藤考浩)

公開された「モデルS」のシャシー。バッテリーは床下に収められる。
公開された「モデルS」のシャシー。バッテリーは床下に収められる。 拡大
テスラモーターズのバッテリー技術部門部長カート・ケルティー氏
テスラモーターズのバッテリー技術部門部長カート・ケルティー氏 拡大
後輪の間に設置される駆動用モーター。
後輪の間に設置される駆動用モーター。 拡大
車両前部。左右にエアコン用ラジエーター、中央にモーターやバッテリーを冷却するためのラジエーターが設置される。「ロードスター」では空冷式だったモーターとインバーターは、「モデルS」では液冷式となった。
車両前部。左右にエアコン用ラジエーター、中央にモーターやバッテリーを冷却するためのラジエーターが設置される。「ロードスター」では空冷式だったモーターとインバーターは、「モデルS」では液冷式となった。 拡大
フロントには電動パワーステアリングのモーターなどがあるのみで、当然ながらエンジンはない。
フロントには電動パワーステアリングのモーターなどがあるのみで、当然ながらエンジンはない。 拡大

関連キーワード:
モデルS, テスラ, 自動車ニュース

テスラ モデルS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • 「ポルシェ911ターボ」の予約注文受け付けがスタート 最高出力は先代モデル比+40PSの580PS 2020.7.16 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年7月16日、「911ターボ」およびオープンモデルの「911ターボ カブリオレ」の予約注文受け付けを開始した。日本で販売されるのは、右ハンドルの8段AT(PDK)車となる。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • ボルボXC90 D5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.31 試乗記 2019年に全ラインナップを新世代に移行させたボルボだが、攻勢の手を緩めるつもりはないようだ。プレミアムブランドとしてのボルボの“元祖”である「XC90」が初のビッグマイナーチェンジを受けた。箱根の山中でその進化の度合いを探った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
ホームへ戻る