トヨタ、「クラウンセダン」をフルモデルチェンジ

2001.08.03 自動車ニュース

トヨタ、「クラウンセダン」をフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は、主として法人向けの4ドアセダン「クラウンセダン」をフルモデルチェンジし、2001年8月1日に発売した。

「クラウンセダン」は、1999年9月にフルモデルチェンジを受けた、いわゆるクラウンシリーズ(「マジェスタ」「ロイヤルサルーン」「アスリート」)とは別の、3ボックス4ドアセダン。主にハイヤーや法人の社用車として使われている。

95年12月以来、5年8ヶ月ぶりに行われたフルモデルチェンジでは、内外装の意匠変更、エンジンバリエーションの整理、環境・安全性能の向上などが図られた。

エクステリアは、フロントグリル、フロント/リアバンパー、リアコンビネーションランプなど新デザインとし、「フォーマルイメージを強調」(プレスリリース)。内装も一新し、「クラウンらしいくつろぎの空間を演出」(同)した。

パワーユニットは、従来までの2リッター/2.5リッター/3リッター直6ガソリンエンジンから、2リッター直6「1G-FE」と、液化石油ガス(LPG)を燃料とする2リッター直6「3Y-PE」の2本立てに集約。ガソリンエンジンは、電子制御4AT「ECT-iE」と組み合わせることでさらに低燃費化、LPGエンジンは、触媒性能の向上などにより、全車において排出ガスの低減を図った。

さらに、急ブレーキ時に制動力を高める「ブレーキアシスト」を全車に標準装備。各ピラーやルーフサイドレールの内装材に、衝撃を吸収するリブなどを内蔵した「頭部衝撃緩和構造」などを採用し、安全性を向上させた。

価格は、LPGユニット搭載「スーパーデラックス」の224.0万円から、ガソリン仕様「スーパーデラックスGパッケージ」の259.0万円まで。

同時に、福祉車両「ウェルキャブシリーズ」も発売。下肢が不自由な方や高齢者などの乗降性を高める「後席回転シート仕様Aタイプ」と、車いす収納装置を装備した「後席回転シート仕様Bタイプ」が新たにラインナップされた。261.5万円から276.5万円まで。

なお、クラウン「マジェスタ」「ロイヤルサルーン」「アスリート」は、8月中旬にマイナーチェンジ予定。簡易型ハイブリッド搭載モデルは、秋にリリースされるという。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「クラウンセダン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/CrownSedan/index.html

 
トヨタ、「クラウンセダン」をフルモデルチェンジの画像

関連キーワード:
クラウン セダン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る