ロータスのハイブリッドスポーツは1000Nm!

2012.07.03 自動車ニュース

最大トルク1000Nm! ロータスのハイブリッドスポーツ

英ロータスは2012年7月1日、ハイブリッドシステム搭載のスポーツカー「エヴォーラ414Eハイブリッド」の概要を発表した。現在、イギリス・ノーフォークにある本社で開発が行われている。

「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」が採用するハイブリッドシステムは、「レンジエクステンダー」と呼ばれるエンジンが発電を行い、駆動はモーターのみに依存する、いわゆるシリーズ方式である。

キャビン後方のエンジンルームには、発電用の3気筒エンジンのほか、2基のモーターが収まり、414psの最高出力と102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを発生するとうたわれる。加速性能は0-97km/h(60マイル)が約4秒。最高速は209km/h。

バッテリーに蓄えられた電力のみでの航続距離は約48km。発電用のエンジンは、ガソリンのほか、メタノールやエタノールなどのアルコール燃料で作動させることもでき、55g/kmのCO2排出量(NEDC:新欧州走行サイクル)を目指すという。

(webCG 竹下)

「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」
「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」 拡大
「エヴォーラ414E」のエンジンルームならぬ“モータールーム”。2基のモーターを搭載し、102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを誇るという。
「エヴォーラ414E」のエンジンルームならぬ“モータールーム”。2基のモーターを搭載し、102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを誇るという。 拡大

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エヴォーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る