450psの新型「アウディRS 4アバント」登場

2013.04.03 自動車ニュース

アウディが新型「RS 4アバント」を発表

アウディ ジャパンは2013年4月3日、「アウディA4」ラインナップの頂点に位置する新型「RS 4アバント」を発表した。発売は4月10日を予定している。

■4.2リッターV8エンジンは450psを発生

「RS」モデルは、独アウディの100%子会社であるクワトロ社が手がける高性能スポーツモデル。「アウディRS 4アバント」はこの新型で3世代目となる。4.2リッターV8 FSIエンジン(450ps、43.8kgm)に7段Sトロニック(デュアルクラッチ式)トランスミッションが組み合わされ、動力性能は0-100km/h加速が4.7秒で、最高速は250km/h。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。

ドライブトレインには、セルフロッキング機構付きクラウンギア式センターデフを備えた新世代のクワトロ・フルタイム四輪駆動システムが採用され、リアデフには駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備している。

また、サスペンションには専用チューンが施され、車高は標準型の「A4アバント」と比べて20mm低い設定に。ラゲッジ容量は490〜1430リッター。ルーフレールは標準装備、オートマチックテールゲートはオプションとして用意される。

車両本体価格は1195万円。ハンドル位置は右と左が選べる。

(webCG)

「アウディRS 4アバント」
「アウディRS 4アバント」 拡大
「RS」モデル伝統のワイドなフェンダーにより、全幅は標準ボディーより25mm幅広い1850mmへ。
「RS」モデル伝統のワイドなフェンダーにより、全幅は標準ボディーより25mm幅広い1850mmへ。 拡大
ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」や、フラットボトム形状の3スポークステアリングが装着される。
ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」や、フラットボトム形状の3スポークステアリングが装着される。 拡大
4.2リッターV8 FSIエンジンは450psと43.8kgmを発生。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。
4.2リッターV8 FSIエンジンは450psと43.8kgmを発生。燃費性能は8.1km/リッター(JC08モード)。 拡大

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
ホームへ戻る