「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】

2013.03.29 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】新たな「スバル・インプレッサWRX STI」のコンセプトカー現る

富士重工業は2013年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、コンセプトモデル「スバルWRXコンセプト」を世界初公開した。

「スバルWRXコンセプト」は、ハイパフォーマンスモデル「スバル・インプレッサWRX STI」の次期型をイメージした、新たなコンセプトモデルだ。

歴代のラリーマシンを思わせる青色(WRブルー・パールIII)に彩られたボディーは、大きく張り出したフェンダーや大口径のエアインテークで、ハイパフォーマンスをアピール。
その他、カーボン製のルーフパネルやリアのディフューザー、左右2本出しのマフラーエンド、BBS製の超超ジュラルミン鍛造1ピースホイール「RI-D」など、走りに関する装備も山盛りだ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4520×1890×1390mmと、現行型の「インプレッサWRX STI(4ドア)」に比べて60mm短く、95mm幅広く、80mm低いディメンション。ホイールベースは135mm長い2760mmが確保されている。
パワートレインは、ターボエンジン+4WD。「あらゆる走行環境において、ドライバーの意のままに操る愉しさを実現する、究極のドライビングマシーン」とうたわれる。

(webCG 関)

→「スバルWRXコンセプト」のさらに詳しい画像はこちら

「スバルWRXコンセプト」
「スバルWRXコンセプト」 拡大
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像 拡大
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像 拡大
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像 拡大
 
「インプレッサWRX」の新型コンセプトカー現る【ニューヨークショー2013】の画像 拡大

関連キーワード:
WRX STI, スバル, ニューヨークモーターショー2013, イベント, 自動車ニュース

スバル WRX STI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • 「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定 2020.10.8 自動車ニュース スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、STIがチューニングした「STI Sport」を追加設定している。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 ハイブリッド車と「STI Sport」を新設定 2020.9.17 自動車ニュース スバルが「インプレッサ」一部改良モデルの先行予約受け付けを開始した。今回の改良では、5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に電動パワートレイン「e-BOXER」の搭載車と、STIが手がけたスポーツグレード「STI Sport」を新設定。2020年10月8日の発売を予定している。
ホームへ戻る