「ホンダ・インサイト」仕様変更で利便性アップ

2013.05.16 自動車ニュース
「ホンダ・インサイトG」
「ホンダ・インサイトG」
    拡大

「ホンダ・インサイト」仕様変更で利便性アップ

本田技研工業は、ハイブリッド車「インサイト」「インサイト エクスクルーシブ」の仕様・装備を変更し、2013年5月16日に発売した。

 

「インサイト エクスクルーシブ」のインテリア。
「インサイト エクスクルーシブ」のインテリア。
    拡大
スモークメッキのグリルが採用された、「インサイト エクスクルーシブ」のフロント部。
スモークメッキのグリルが採用された、「インサイト エクスクルーシブ」のフロント部。
    拡大

今回、ベースエンジンが1.3リッターのハイブリッド車「インサイト」と、1.5リッターの「インサイト エクスクルーシブ」について、仕様・装備が改められた。
各モデルの具体的な変更点は、以下のとおり。

■インサイト

・ウォッシャー付き間欠リアワイパー(リバース連動)を全グレードに標準装備
・Hondaスマートキーシステムを「L」グレードに1個追加(計2個)
・USBジャックをメーカーオプションのHondaインターナビに装備(「G」グレードを除く)

価格は「G」が193万円で、「L」が213万円。

■インサイト エクスクルーシブ

・フロントグリル(LEDアクセサリーランプ内蔵)、サイドシルガーニッシュ、リアライセンスガーニッシュのスモークメッキ化
・インテリアの色調を高輝度ダークシルバー塗装などで統一
・ウォッシャー付き間欠リアワイパー(リバース連動)を全グレードに標準装備
・Hondaスマートキーシステムを「XL」「XL・インターナビセレクト」に1個追加(計2個)
・USBジャックをHondaインターナビに装備

価格は、「XG」の208万円から「XL・インターナビセレクト」の255万円まで。

同時に、ディーラーオプションのHonda純正ナビを手軽に装着できる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」が4万4940円で発売された(インサイト エクスクルーシブXL・インターナビセレクトを除く)。パッケージの内容は、以下のとおり。

・リアカメラ
・照明付きオーディオリモートコントロールスイッチ
・ETC車載器
・デジタルTV用プリントアンテナ(12セグ/ワンセグTV対応)
・専用ワイヤーハーネス
・4スピーカー(標準装備のスピーカーを含む)

(webCG)

関連キーワード:
インサイト, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インサイト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • 月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ 2020.2.21 デイリーコラム スタイリッシュに生まれ変わったホンダのセダン「アコード」。しかし、国内の取り扱いグレードは1種類だけで、月あたりの販売計画はたったの300台。それでビジネスとして成り立つのか? 開発責任者に話を聞いた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダが新型「アコード」の情報をホームページで先行公開 2020年初めに国内導入を予定 2019.8.2 自動車ニュース 新型は、ロー&ワイドで流麗なエクステリアデザインと、ゆとりある室内空間がセリングポイント。リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているという。
ホームへ戻る