「ホンダ・インサイト」仕様変更で利便性アップ

2013.05.16 自動車ニュース
「ホンダ・インサイトG」
「ホンダ・インサイトG」
    拡大

「ホンダ・インサイト」仕様変更で利便性アップ

本田技研工業は、ハイブリッド車「インサイト」「インサイト エクスクルーシブ」の仕様・装備を変更し、2013年5月16日に発売した。

 

「インサイト エクスクルーシブ」のインテリア。
「インサイト エクスクルーシブ」のインテリア。
    拡大
スモークメッキのグリルが採用された、「インサイト エクスクルーシブ」のフロント部。
スモークメッキのグリルが採用された、「インサイト エクスクルーシブ」のフロント部。
    拡大

今回、ベースエンジンが1.3リッターのハイブリッド車「インサイト」と、1.5リッターの「インサイト エクスクルーシブ」について、仕様・装備が改められた。
各モデルの具体的な変更点は、以下のとおり。

■インサイト

・ウォッシャー付き間欠リアワイパー(リバース連動)を全グレードに標準装備
・Hondaスマートキーシステムを「L」グレードに1個追加(計2個)
・USBジャックをメーカーオプションのHondaインターナビに装備(「G」グレードを除く)

価格は「G」が193万円で、「L」が213万円。

■インサイト エクスクルーシブ

・フロントグリル(LEDアクセサリーランプ内蔵)、サイドシルガーニッシュ、リアライセンスガーニッシュのスモークメッキ化
・インテリアの色調を高輝度ダークシルバー塗装などで統一
・ウォッシャー付き間欠リアワイパー(リバース連動)を全グレードに標準装備
・Hondaスマートキーシステムを「XL」「XL・インターナビセレクト」に1個追加(計2個)
・USBジャックをHondaインターナビに装備

価格は、「XG」の208万円から「XL・インターナビセレクト」の255万円まで。

同時に、ディーラーオプションのHonda純正ナビを手軽に装着できる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」が4万4940円で発売された(インサイト エクスクルーシブXL・インターナビセレクトを除く)。パッケージの内容は、以下のとおり。

・リアカメラ
・照明付きオーディオリモートコントロールスイッチ
・ETC車載器
・デジタルTV用プリントアンテナ(12セグ/ワンセグTV対応)
・専用ワイヤーハーネス
・4スピーカー(標準装備のスピーカーを含む)

(webCG)

関連キーワード:
インサイト, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インサイト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • 月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ 2020.2.21 デイリーコラム スタイリッシュに生まれ変わったホンダのセダン「アコード」。しかし、国内の取り扱いグレードは1種類だけで、月あたりの販売計画はたったの300台。それでビジネスとして成り立つのか? 開発責任者に話を聞いた。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
ホームへ戻る