第7回:「3シリーズGT」は成功するのか?
野球セオリーによるコージのゴーイン解説(笑)

2013.06.24 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

クルマとピッチングの不思議な関係?

突如野球の話で恐縮ですが、ピッチャーはやはり速くてキレのいいストレートがキホンのキであーる。ダルビッシュはほぼ常に150km/h以上のストレートを投げるし、古くは鋭く落ちるフォークが武器の野茂英雄もストレートが素晴らしかった。というかストレートのキレが良かった時に、バッタバッタとフォークで三振が取れたわけだ。
つまり、ストレートを生かすために変化球が存在し、変化球を生かすためにもまたストレートが存在する。このあたりは実はクルマと派生車種との関係にもよく似てたりする。
というのも、クルマをゴーインにピッチングに例えると、おそらくストレートはセダンで、カーブとシュートはクーペやステーションワゴンで、そうだな、フォークは強引に例えると華やかなオープンモデルといったところでしょうか。

ただし、ここ20年ぐらいの間に微妙な変化球がたくさん出てきて、昔からあるけどほぼストレートの振りで投げるスライダーとか、握りを変えただけの4シームや2シームなるものが存在する。それはクルマも同じで、言ってみればクロスオーバーのことだ。
これらは「セダンとバンの中間」とか「SUVとセダンとミニバンのいいとこ取り」とか、派生車種と派生車種のさらに間を突くものでまさにニッチ。特にバブル以降にいろいろ勢いで出てきて、ただしほとんど長持ちしなかった。例えば「トヨタ・ナディア」や「オーパ」はすぐに消えたし、「BMW 3シリーズコンパクト」でさえ確か2世代存在して消えた。

ただし、今やピッチング界のクロスオーバーたるスライダーや2シームがダルビッシュの武器となってるように、クルマ界のクロスオーバーも結構モノになりつつある。
例えば「BMW 1シリーズ」なんてある意味3シリーズコンパクトの進化形だし、一番スゴイのはなんたって「MINI」。今や「ハッチバック」に「コンバーチブル」に「クラブマン」に「クラブバン」に「クーペ」に「ロードスター」に「ペースマン」にそれこそ「クロスオーバー」! と実に全8タイプ。どれもバカ売れってことはなさそうだけど、それなりの存在意義を感じる。

「BMW 3シリーズGT」と記念撮影。この角度だとふつうの3シリーズと大差ないが、その実態は、次のページの写真をご覧あれ。


    「BMW 3シリーズGT」と記念撮影。この角度だとふつうの3シリーズと大差ないが、その実態は、次のページの写真をご覧あれ。
    拡大
思い起こせば、80~90年代には各メーカーがいろいろな「変化球」を投げていた。こちらはクーペのようなワゴンのような「ホンダ・アコードエアロデッキ」。(写真=本田技研工業)
思い起こせば、80~90年代には各メーカーがいろいろな「変化球」を投げていた。こちらはクーペのようなワゴンのような「ホンダ・アコードエアロデッキ」。(写真=本田技研工業)
    拡大
名前は「MINI」なのに、ボディーサイズはちっともミニじゃない「MINIクロスオーバー」(奥)と、その3ドアバージョンの「MINIペースマン」(手前)。(写真=BMW)
名前は「MINI」なのに、ボディーサイズはちっともミニじゃない「MINIクロスオーバー」(奥)と、その3ドアバージョンの「MINIペースマン」(手前)。(写真=BMW)
    拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • レクサスの上級SUV「RX」が一部改良 予防安全装備を強化 2020.7.22 自動車ニュース レクサスブランドの上級SUV「RX」が一部改良。パーキングサポートブレーキやブラインドスポットモニターが全車標準装備となったほか、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)がフロントセンターコンソールとラゲッジルームに追加された。
  • マセラティが初のハイブリッドモデル「ギブリ ハイブリッド」を発表 2020.7.17 自動車ニュース 伊マセラティは2020年7月16日(現地時間)、マセラティ史上初となるハイブリッドパワーユニットを搭載したスポーツセダン「ギブリ ハイブリッド」を発表した。同社の“新時代の幕開け”を象徴するモデルとして同年6月3日に登場が予告されていた。
ホームへ戻る