日産、「フェアレディZ NISMO」を発売

2013.06.24 自動車ニュース
「日産フェアレディZ NISMO」
「日産フェアレディZ NISMO」
    拡大

日産、「フェアレディZ NISMO」を発売

日産自動車は2013年6月24日、「フェアレディZ NISMO」の販売を開始した。

今回発売された「フェアレディZ NISMO」は、2013年1月に発表された「ジュークNISMO」に続く、NISMOブランド戦略に基づく高性能プレミアムスポーツバージョンの第2弾である。

NISMOがモータースポーツで培ってきたノウハウが随所に取り入れられており、エクステリアには空力性能を考慮した専用のエアロパーツを採用。エンジンの最高出力も355psまで高められているほか、コーナリング性能や走行安定性の向上のため、足まわりやボディーにも専用のチューニングが施されている。

具体的な装備や仕様は以下の通り。

<エクステリア>
・専用フロントバンパー
・専用ドアミラー
・専用サイドシルプロテクター
・専用リアバンパー&リアフォグランプ
・専用リアスポイラー
・専用フェンダーモール(フロント・リア)
・専用エンブレム

<インテリア>
・専用本革/スエード調ファブリックコンビシート(「nismo」ロゴ入り、レッドステッチ付き)
・専用本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)
・専用本革巻きシフトノブ(スムースレザー)
・専用コンソールブーツ(レッドステッチ付き)
・専用ドアトリム(レッドステッチ付き)
・専用シリアルナンバープレート
・専用コンビメーター(「nismo」ロゴ入り、レッド文字盤、280km/hスケール)
・専用インストアッパーボックス(レッドステッチ付き)
・専用運転席・助手席ニーパッド(レッドステッチ付き)

<エンジン/パワートレイン>
・専用等長フルデュアルエキゾーストシステム
・専用チューニングコンピューター(最高出力261kW[355ps])
・専用エンジンカバー
・MTシンクロレブコントロール(6MT車のみ)

<シャシー>
・専用サスペンション(スプリング、ショックアブソーバー、スタビライザー)
・専用高剛性コンプレッションロッドブッシュ
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(「nismo」ロゴ入り ダークメタリック塗装)
・専用タイヤ ブリヂストンPOTENZA RE-11(前:245/40R19 後:285/35R19)
・専用高剛性ブレーキホース
・高性能ブレーキフルード
・4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ
・専用車速感応式パワーステアリング

<ボディー補強>
・専用ストラットタワーバー(「nismo」ロゴ入り)
・専用フロントメンバーブレース
・専用ラゲッジアンダーブレース
・専用リアアンダーフロアVバー
・専用ヤマハ製パフォーマンスダンパー(フロント・リア)

ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」「ブリリアントシルバー」「ダイヤモンドブラック」「バイブラントレッド」の4色を設定。価格は6段MT仕様が521万8500円、7段AT仕様が532万3500円。

(webCG)

 

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学 2020.10.5 デイリーコラム なぜスポーツカーはブランドや時代の象徴とされるのか? 私たちはスポーツカーに何を求めているのか? 日産が発表した「フェアレディZ プロトタイプ」を前に、Zのファンであり、日産車を愛好してきたジャーナリストの西川 淳が「スポーツカーの哲学」を語った。
ホームへ戻る