クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第304回:「ひこにゃん」に負けた日本車たち
パリの日本カルチャーイベント 第14回ジャパンエキスポ

2013.07.12 マッキナ あらモーダ!

お祭りは電車から始まっていた

欧州最大の日本カルチャー紹介イベント、第14回「Japan Expo(ジャパンエキスポ)」が2013年7月4日から7日までパリ北郊のメッセ会場で開催された。ジャパンエキスポは日本のマンガ&アニメカルチャー、ビデオやファッションなどのポップカルチャー、日本旅行などのツーリズム、そして伝統文化を中心に紹介するものである。

主催しているのはフランスの日本ファンが1999年に創業したイベント会社で、同年に行われた第1回は極めて小さな催しだったという。毎年、開催回数は単なる「○○th」ではなく、「○○th IMPACT」と記されるのが恒例だ。近年は同じフランスのマルセイユやオルレアン、ベルギーのブリュッセルなどでも行われている。

会場に向かう郊外鉄道に乗るべく、パリ北駅の地下ホームで待つ。RERのB線といわれるこの鉄道、たびたび車内で凶悪犯罪が発生する要注意路線だ。ドアが開いた途端、ボクはいつも同様、それなりの緊張感を持って乗り込んだ。
ところが今日はどうだ。青少年たちが、まるで修学旅行のように騒ぎながら乗っている。若い娘はネコ耳やミツバチの触覚を頭につけ、若者はアニメそのものの模造刀を提げていた。

電車はプジョー・シトロエン工場があるオルネー・スー・ボワ駅の手前で、信号停止してしまった。冷房なき車内の温度は、どんどん上昇してゆく。しかし青少年たちは、おしゃべりを楽しんでいる。
パリには毎年2月に別の日本カルチャーイベント「PARIS MANGA」があって、そちらはもっとアクセスがよい市内メッセ会場で行われる。だが、彼らにとって郊外で開催されるジャパンエキスポは、遠足感覚でこれまた楽しめてしまうようだ。やがて約20分後、車両が動きだすと、一斉に拍手や歓声がわいた。メッセまでまだかなり駅数があるというのに、すっかりできあがっちゃっている。

ジャパンエキスポ会場で。彦根市のキャラクター「ひこにゃん」。一日数回の出番だったが、行く先々でたちまち来場者の人気者に。
ジャパンエキスポ会場で。彦根市のキャラクター「ひこにゃん」。一日数回の出番だったが、行く先々でたちまち来場者の人気者に。 拡大
PCゲーム『リーグ・オブ・レジェンズ』のキャラクターに扮(ふん)したコスプレイヤーたち。
PCゲーム『リーグ・オブ・レジェンズ』のキャラクターに扮(ふん)したコスプレイヤーたち。 拡大
トヨタと映像制作会社「STUDIO4℃」のコラボレーションによるブース。的に命中させると、キャラクターのステッカーがもらえる。なお、車両展示はなし。
トヨタと映像制作会社「STUDIO4℃」のコラボレーションによるブース。的に命中させると、キャラクターのステッカーがもらえる。なお、車両展示はなし。 拡大
合気道の実演ブース。
合気道の実演ブース。 拡大

親子セーラームーン

最寄り駅からは長い列が会場まで続いていた。本稿執筆時点で最終結果は入手できていないが、事前予想の23万人に近い入場者数は達成できたと思われる。
会場面積12万平方メートルは、2011年東京モーターショー(3万5187平方メートル)の3.4倍である。日本航空のような大企業から、コスプレ用品店まで、出展者のバラエティー度は、前述の「PARIS MANGA」の比ではない。

コスプレも多様である。最新アクションゲームの登場人物から、鏡音リン&レンといったボーカロイド、そして古くは『うる星やつら』のラムちゃんまで、なんでもありだ。
初音ミク姿のコレジアンヌ(女子中学生)に話を聞いていると、母親がやってきた。ボクが決して怪しい者ではないことを説明しようとすると、それを遮るかのように母親もうれしそうにアニメを語り始めた。もはやフランスでも、親子で日本カルチャーを楽しむ時代なのである。

もう少し上の世代でも、それは同じようだ。オーレリーさんは普段は北フランスの保育所で働いているが、今日は「美少女戦士セーラームーン」である。彼女の55歳になる母親ともどもセーラームーンのファンという。
一角にはカラオケコーナーもあって、「私だけを見つめて~♪」と、ビデオ画面を見ながらみんなで椅子に座りながら歌っている。

いっぽう今年は滋賀県彦根市のキャラクター「ひこにゃん」も会場に登場した。午前11時。登場タイムになるとたちまち、ひこにゃんの周りに人だかりができ、来場者は次々と記念写真撮影に興じていた。昨年念願の日本旅行を果たしたという若者フロリアン君は、友達とひこにゃんのツーショットを撮影しながら「カワイイ」「スバラシイ」と、知っている日本語を連発していた。

そうした若者たちのストレートな感情表現と目の輝きは、モーターショーでは見られないものである。

一見近づきがたいが、実は自動車関係のイベントに来る若者より打ち解けやすい。
一見近づきがたいが、実は自動車関係のイベントに来る若者より打ち解けやすい。 拡大
フィギュアにも熱い視線が。
フィギュアにも熱い視線が。 拡大
チューニングカーのコーナーには10台が展示された。手前はレースゲーム『NEED FOR SPEED』の登場車を意識した「マツダRX-8」。
チューニングカーのコーナーには10台が展示された。手前はレースゲーム『NEED FOR SPEED』の登場車を意識した「マツダRX-8」。 拡大

チューニングカーコーナーにて

かわりに、筆者の目からみて盛り上がりが限定的だったのは、日本の大手出版社によるグラビアアイドル写真展である。一緒に撮影できる水着姿の等身大アイドル写真も置かれていたが、ボクがいる間人影はなかった。

もうひとつボクの目測で人気がなかったものは、日本車をベースにしたチューニングカーのコーナーである。眺めてみると、ちょっと前の日本車は、世界で一番アニメっぽい。だがブースの周囲は休憩所ムードが漂っているといってよかった。

生身の日本人女性や本物の日本車より、アニメ&ゲームの登場人物に人気が集まるところをみると、フランス人の若者の多くは、リアルものよりもバーチャルものを指向している。

そうしたなか、ようやくクルマを見ていた若者2人がいたので、声をかけてみた。ちなみに、彼らは20代だが、クルマを持っていないという。
そのうちのひとり、アントニー君が選んだお気に入りは「日産(フェアレディ―)Z」だ。一方で彼が「これ、日本で値段はいくらするの?」と指さす先には、「マツダRX-8」があった。ボクが生産終了したことを告げると、いささか残念そうであった。
もうひとりの青年ジェレミー君に「こうしたチューニングカーから受ける、今のフランス車にないものは何か?」と聞けば、「エアロダイナミックな感じ」と教えてくれた。実際の数値とは別の、“感覚的空力数値”とでもいうべきものが、現代アニメ世代の心中にあるに違いない。

ふと見ると反対側では、カムカバーがきれいに塗装されたエンジンを熱心に撮影している少女がいた。正統派と称される自動車愛好家とは違うベクトルで、彼女たちはクルマを見ている。

マットのカッティングシートをまとった3代目「マツダRX-7」。
マットのカッティングシートをまとった3代目「マツダRX-7」。 拡大
6代目「ホンダ・シビック」。
6代目「ホンダ・シビック」。 拡大
1990年代前半に生産された「ホンダ・プレリュード」。シートの旭日旗にも注目。
1990年代前半に生産された「ホンダ・プレリュード」。シートの旭日旗にも注目。 拡大
チューニングカーコーナーにやってきたアントニー(左)とジェレミー(右)。
チューニングカーコーナーにやってきたアントニー(左)とジェレミー(右)。 拡大

それは二次会?

しかしながら、今日フランスの日本カルチャーファンは知識豊富だ。ある女子高校生に「東京に行ったら、何を見たいのか?」と聞くと、「日本の高校の学園祭!」という答えが返ってきた。その存在はインターネットで知ったという。たしかに、年間で唯一、一般人が学校を見られる機会である。
そう願うフランス人少年少女全員が東京の地を踏めるわけではないが、東京の高校生諸君は、近い将来突然のフランス人来訪? ひこにゃん風にいえば“出陣”を覚悟しておいたほうがいい。

場内には、たこ焼きをはじめ、日本のおやつも豊富である。しかしどの屋台も、長い列ができているので、ボクは未来あるフランス人ファンたちにその場を譲ることにした。
かわりに夕方、地下鉄ピラミデ駅周辺の日本アジア食堂街に赴いた。階段をのぼって地上に出てみると、明らかにジャパンエキスポ帰りと思われるバッグを提げた若者たちがラーメンをすすっていた。

その慣れた雰囲気、今にも「C'est la Nigikai(二次会)!」とでもいう声が聞こえてきそうだった。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

おっと、「ヒュンダイ・クーペ」まで紛れていた。
おっと、「ヒュンダイ・クーペ」まで紛れていた。 拡大
エンジンに関心を示す少女。

エンジンに関心を示す少女。
    
    拡大
会場内の屋台は、どこも大盛況。これは「たこ焼き」。
会場内の屋台は、どこも大盛況。これは「たこ焼き」。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。