クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第311回:「懐かしのイタリア車」は最高のアイキャッチ

2013.08.30 マッキナ あらモーダ!

ムッソリーニが決めたバーゲン

イタリアの商店では、夏のバーゲンセールがそろそろ終盤を迎えようとしている。この国ではセールの期間は各市町村が決め、商店はそれを守らないといけない。勝手にセールを始めることができないのだ。守らない場合は、交通違反と同じ要領で反則金が課せられる。

歴史を振り返ると、イタリアのセール関連法規はファシスト政権時代の1939年にさかのぼる。値引き前の正価や値引き幅の明記を義務づけ、消費者が安心して安い品を購入できる機会を提供したのが始まりだった。ただし、当時は期間までは定めていなかった。

戦後1980年になると、法律でセール期間まで定められるようになる。これは商店間の過当競争の抑止につながったが、いっぽう昨今は「自由競争を阻害する」との意見がたびたび出るようになった。そこで2012年初め、当時のマリオ・モンティ政権は、セール時期の撤廃を盛り込んだ政令公布を計画した。しかし最終的には商業団体の強い反対に遭い、実現に至らなかった、というのがこれまでの経緯である。

「国会で青島幸男が決めたのだ」というのは往年のギャグ漫画『天才バカボン』の名ぜりふであるが、今日のイタリアのセール統制のルーツは、「ムッソリーニが決めたのだ」といえる。

【写真1】近年イタリアではアウトレットモールが続々とオープンしている。これはモトGPが開催されるムジェッロ・サーキットにも近い「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」。
【写真1】近年イタリアではアウトレットモールが続々とオープンしている。これはモトGPが開催されるムジェッロ・サーキットにも近い「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」。 拡大

あのクルマが商店に

商店といえば、近年イタリアの商業施設では、古いクルマやスクーターをアイキャッチに用いるのが、ちょっとしたトレンドである。
【写真2】は、アウトストラーダA1号線「太陽の道」沿いにあるフィレンツェ県バルベリーノのデザイナーアウトレットでのスナップである。リストランテの店先に置かれているのは、ピアッジョ製三輪トラック「アペ」だ。今日のクラシック仕様のご先祖である。

続く【写真3】は、ロマーニャ地方カステルグエルフォのアウトレットで、カフェにディスプレイされた「ランブレッタ」である。念のため記しておくとランブレッタとは、自動車でも有名なインノチェンティ社が製造していたスクーターだ。モノコックの「ベスパ」に対して、フレーム+ボディーパネルの構造を採用していたため、よりバリエーションの自由度が高くファッショナブルだった。

もうひとつはわが家に近い「ヴァル・ディ・キアナ」というアウトレットのアクセサリー屋台である。ここでも前述のアペの「クラシック」が使われている【写真4】。
いっぽう最近シエナ旧市街の駐車場に「フィアット600D」【写真5】が止まっているので、近寄ってみるとドアに地元アートギャラリーのサインが記されていた。こちらは動く広告というわけだ。

民間だけではない。2013年5月からピサ空港のターミナルには、かわいいペインティングが施された2台のベスパがディスプレイされた【写真6】。ピサにはピアッジョの本社があるので宣伝かと思われる人もいるだろうが、その意味合いは少ない。車種は現行ラインナップのなかで最も古い、1977年発売の「PX」である。そもそもこの企画、メーカーとは別に運営されている「ピアッジョ財団」という団体が、トスカーナを拠点に活動するアーティストに委嘱して製作したものだ。つまり商業性が薄いオブジェなのである。

【写真2】「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」のレストランにたたずむ三輪トラック「アペ」。
【写真2】「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」のレストランにたたずむ三輪トラック「アペ」。 拡大
【写真3】ロマーニャ地方カステルグエルフォのアウトレット。カフェのアイキャッチは、「ベスパ」と並んでイタリア製スクーターの象徴だった「ランブレッタ」である。
【写真3】ロマーニャ地方カステルグエルフォのアウトレット。カフェのアイキャッチは、「ベスパ」と並んでイタリア製スクーターの象徴だった「ランブレッタ」である。 拡大
【写真4】シエナ郊外のアウトレットモールでは「アペ クラシック」の移動販売車が人気だ。
【写真4】シエナ郊外のアウトレットモールでは「アペ クラシック」の移動販売車が人気だ。 拡大

「共通のクルマ」がなかった幸運と不幸

ところで日本では1960年代から生産車種が多岐にわたり、ユーザーの選択肢が多かった。対して当時のイタリアではモデルのバラエティーが限られていたことから、多くの人が同じクルマやスクーターに乗り、いやがうえにも同じ思い出を共有することになったのである。いわば当然の結果なのだ。
だからイタリアの懐かしいモデル、もしくはオリジナルを継承したモデルがアイキャッチやオブジェとして使われるのを見るたび、実際イタリアに住んでいるボク個人としては、「おいおい、あまり懐メロにばっかり走るなよ」と言いたくなる。

しかし同時に、イタリアのクルマやスクーターたちがうらやましくなるのも事実だ。なぜなら、日本車で似たような扱いを受けているのは、「ダイハツ・ミゼットMP型」など一部を除いて、あまり例を見ないからである。それも国外で、今回紹介したイタリア車のように、アイキャッチとして頻繁に採り上げられるモデルは思い当たらない。

【写真7】はイギリスのショッピングモールを中心に展開中のジェラート店「ジョーデルッチ」である。チェーン各店舗の椅子には、ベスパのテール部分を模したものを使って、イタリア風情を盛り上げている。

戦後日本は、世界一の自動車生産国にまで登り詰めた。だがエンスージアスト以外の人々にもノスタルジー、エモーション、そしてイマジネーションをかき立て、メイドインジャパンの象徴となるようなモデルがいまだない。日本車の何とも残念なところだと思うのである。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

【写真5】最近シエナのギャラリーが導入した「フィアット600D」。
【写真5】最近シエナのギャラリーが導入した「フィアット600D」。 拡大
【写真6】5月からピサ空港ターミナルにディスプレイされている「アート・ベスパ」は、地元を拠点とするアーティスト、ジャンパオロ・タラーニによるもの。
【写真6】5月からピサ空港ターミナルにディスプレイされている「アート・ベスパ」は、地元を拠点とするアーティスト、ジャンパオロ・タラーニによるもの。     拡大
【写真7】英国でチェーン展開中のジェラート店の椅子はベスパ。なお、店名の「ジョーデルッチ」は、ハーゲンダッツ同様、創作である。
【写真7】英国でチェーン展開中のジェラート店の椅子はベスパ。なお、店名の「ジョーデルッチ」は、ハーゲンダッツ同様、創作である。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。