マツダが「フレアワゴン」に自動ブレーキを装備

2013.09.20 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴン」
「マツダ・フレアワゴン」 拡大

マツダが「フレアワゴン」に自動ブレーキを装備

マツダは2013年9月19日、軽乗用車「フレアワゴン」に一部改良を実施し、同年10月17日に発売すると発表した。

「フレアワゴン カスタムスタイル」
「フレアワゴン カスタムスタイル」 拡大

フレアワゴンは、マツダがスズキからOEM供給を受けている「スペーシア」の姉妹モデルである。今回の改良は、2013年8月に実施されたベース車の一部改良に伴うもので、フレアワゴンと「フレアワゴン カスタムスタイル」の全車に、レーダーブレーキサポート(衝突軽減ブレーキ)、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、DSC(横滑り防止装置)&TCS(トラクションコントロール)を標準装備とした。

また、フレアワゴンの全車にフロントメッキグリルを、「フレアワゴン XG」に14インチタイヤ(スチールホイール+フルホイールキャップ)とフロントスタビライザーを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・フレアワゴン XG:130万7250円(FF)/142万4850円(4WD)
・フレアワゴン XS:137万5500円(FF)/149万3100円(4WD)
・フレアワゴン カスタムスタイル XS:155万4000円(FF)/167万1600円(4WD)
・フレアワゴン カスタムスタイル XT:168万円(FF)/179万7600円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
フレアワゴン, フレアワゴン カスタムスタイル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ フレアワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが「フレアワゴン」を一部改良 予防安全装備を強化 2020.9.3 自動車ニュース マツダは2020年9月3日、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良し、販売を開始した。同車はマツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。今回は安全装備や機能装備の強化を図っている。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • スズキが「スペーシア」シリーズの仕様を変更 安全装備や運転支援システムを拡充 2020.8.20 自動車ニュース スズキが「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」の一部仕様を変更。「デュアルカメラブレーキサポート」とSRSカーテンエアバッグを標準装備としたほか、幅広いグレードに全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールを採用した。
ホームへ戻る