第2回:知られざるインフィニティ

2013.09.23 世界のNISSAN、イッキ乗り!

世界中の日産車を“味見”できるグローバルイベント「NISSAN 360」。次期「スカイライン」とされる「インフィニティQ50」に続いては、日本では正規販売されていない、インフィニティの2モデルについてリポートする。

インフィニティQ60 IPL
インフィニティQ60 IPL 拡大
 
第2回:知られざるインフィニティの画像 拡大
 
第2回:知られざるインフィニティの画像 拡大
 
第2回:知られざるインフィニティの画像 拡大

インフィニティQ60 IPL

■今となっては愛らしい

そもそも日本では売っておらず親しみが薄いのに加えて、「Q50」の登場と同時に、車名を“Q+2桁数字”あるいはSUVの場合は“QX+2桁数字”へと改めたこともあり、車名を見ても何だかよく分からないインフィニティですが、「Q60」とは日本ではスカイラインになるQ50のクーペ&コンバーチブル版で、要するにスカイラインクーペのこと。
そしてIPLとは「インフィニティ・パフォーマンス・ライン」の意で、エンジンやシャシーに手を入れた高性能版を意味します。

ノーマル比18ps増しの348psのパワーと、強化されたシャシー&ブレーキを持つIPL、走りっぷりはなかなかに勇ましいものがあります。専用のサスペンションとタイヤのおかげで乗り心地は少し硬めで、ロードノイズも盛大に聞こえてくる。そしてアクセルを踏み込めば排気量3.7リッターのVQエンジンがベース車より明らかに豪快な音を立てて、走りの印象を支配するという具合です。
もともとそうではありましたが、Q50が出た今となっては、エンジンの荒っぽさにしても、硬いけど動きがもっさりしていて、かつよく曲がるわけでもないシャシーにしても、走りの味はいよいよ古くさいという印象。とはいえ、洗練され過ぎてちょっと冷たさも感じさせる最新モデルに比べたら、愛らしいという気もするから面白いものです。

(文=島下泰久/写真=日産自動車)

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • 第697回:【Movie】3.8リッター波動エンジン搭載! 大矢アキオが「日産GT-R50 by Italdesign」を試す 2021.3.11 マッキナ あらモーダ! 日産自動車とイタルデザインがコラボレーションした「日産GT-R50 by Italdesign」に、大矢アキオが試乗。お値段約1億2700万円の日伊合作エキゾチックカーには、「宇宙戦艦ヤマト」と同じ波動エンジンが搭載されていた(と感じた)。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(後編) 2021.3.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「日産GT-Rプレミアムエディション」の試乗リポート後編。前回、「速いし足も高次元に進化したが、刺激的ではない」と評した走りについて、より詳しく語ってもらった。
  • 日産GT-R NISMOスペシャルエディション 2021.4.14 画像・写真 日産自動車は2021年4月14日、同年10月に発売予定のハイパフォーマンスモデル「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」を先行公開した。同時に披露された、日本マクドナルドとのコラボレーションモデルとあわせ、その姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
ホームへ戻る