ダイハツ「着せ替え」できる軽オープンを提案【東京モーターショー2013】

2013.10.30 自動車ニュース
「ダイハツ KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」
「ダイハツ KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」 拡大

ダイハツが「着せ替え」できる軽のオープンカーを提案【東京モーターショー2013】

ダイハツ工業は2013年10月30日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)に出展するコンセプトカー「KOPEN(コペン)」の概要を発表した。

「KOPEN future included Rmz」のインテリア。
「KOPEN future included Rmz」のインテリア。 拡大
「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」
「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」 拡大
「KOPEN」のボディー骨格。
「KOPEN」のボディー骨格。 拡大

コペンは、「新感覚・オープンスポーツ NEW FUN+」というコンセプトのもとに開発された、軽規格のオープンスポーツモデルである。ルーフには、2分割の電動格納式ハードトップを採用。エンジンはKF型の3気筒インタークーラーターボで、パドル式のCVTを介して前輪を駆動する。

特徴は、樹脂製のボディーパネルを脱着できる車体構造にあり、スマートフォンのカバーケースのように、自由にボディーパネルを着せ替えることが可能。脱着が可能なのは、フロントバンパー、リアバンパー、ボンネットフード、トランクフード、フロントフェンダー(左右)、リアフェンダー(左右)、ドアパネル(左右)、サイドシル(左右)の計12カ所で、前後ランプとルーフを除く、すべてのパネルを交換することができる。

なお、今回のモーターショーでは「KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」と、「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」の、デザインの異なる2台の車両を展示。ブースでは車両の外観を交換するデモンストレーションも行われる予定だ。

(webCG)

→「ダイハツ・コペン」のより詳細な写真はこちら

ダイハツの「東京モーターショー2013」関連ニュース
→「ダイハツは軽乗用車の可能性を追求」
→「ダイハツが『より広くてより便利』な軽を開発」
→「軽規格の燃料電池車がダイハツから登場」
 

関連キーワード:
コペン ローブ, コペン, ダイハツ, 東京モーターショー2013, イベント, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン スパイダーVer./ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. 2021.1.13 画像・写真 ダイハツが「バーチャルオートサロン2021」の出展車両を公開。披露された4台のコンセプトモデルの中から、まずはスパイダースタイルの「コペン スパイダーVer.」と、レーシーな「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」を写真で紹介する。
  • ダイハツが「コペン」を一部改良 オートライトを全車に標準装備 2021.4.7 自動車ニュース ダイハツ工業は2021年4月7日、軽オープンスポーツカー「コペン」を一部改良し、販売を開始した。より広い後方視界確保のためにサイドミラーを拡大したほか、オートライト機能を新規設定し、全グレードに標準装備としている。
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.3.27 試乗記 ファンに惜しまれながらも、モデルライフの終了が決定した「ホンダS660」。最後のコンプリートカーとなる「モデューロX バージョンZ」の仕上がりは? ベース車両とサーキットで乗り比べ、その走りをチェックした。
  • トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.15 試乗記 ダイハツの軽オープンスポーツ「コペン」に、よりスポーティーな「GRスポーツ」が登場。TOYOTA GAZOO Racingがチューニングを施した新モデルは、どのようなクルマに仕上がっていたのか? ダイハツとトヨタのコラボが生んだミニマムスポーツの実力を試す。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
ホームへ戻る