クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!
『ミッドナイト・ガイズ』

2013.11.14 読んでますカー、観てますカー

3人で合計200歳超え

ジジイ映画である。それも、超カッコいいやつだ。主演の3人は、アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキン。それぞれ73歳、70歳、79歳で、合計すると余裕の200歳超えだ。困ったことに、全員がべらぼうに元気である。だから、しみったれた老い支度映画のわけがない。セックス、ドラッグ、バイオレンスと三拍子そろったアクション・クライム・コメディー映画になってしまった。そしてもちろん、ジジイの夢が詰まったファンタジーである。

刑務所からヴァル(パチーノ)が出所するシーンから始まる。28年ぶりのシャバだ。出迎えるのは昔の仲間のドク(ウォーケン)ひとりだけ。しょぼくれたジジイで、乗ってきたクルマも28年前から変わってないボロだ。ドクの部屋に入ると、置いてあるテレビはブラウン管式。彼らの時計の針は、ずいぶん前から止まっている。

長いムショ生活を終えたヴァルの望みは、お決まりのものだ。酒と女に決まっている。バーに行ってナンパするわけだが、まずはヤクをキメておかなきゃいけない。バーのカウンターに白い粉でラインを引き、鼻からすすりこむ。途中で寄ってきた薬局で手に入れた高血圧と緑内障の薬である。老体には、コカインなんかよりこっちのほうが効く。

©2012 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC.All Rights Reserved
©2012 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC.All Rights Reserved 拡大

第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大

第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大

エンジンがかからない……

若い女が簡単にジジイになびくわけもなく、次に出掛けたのはなじみの娼館だ。ここでもクスリは必要になる。男の能力を高めるやつだ。ヴァルは初めて使うので勝手がわからず、欲張って何錠も飲んでしまう。原題は『Stand Up Guys』なのはそういうことかと思ったが、違っていた。立つんじゃなくて、“実直な男”という意味なんだそうである。ともあれターボ効果は抜群で大いに楽しむが、効きすぎて元に戻らなくなってしまった。救急車で病院に運び込まれ、直接それに注射を打って柔らかくしてもらうハメになる。ヴァルのやっていることは、28年前のヤンチャだった頃のままだ。

ヴァルは夜の街を満喫するが、ドクは浮かない表情だ。彼はボスのクラップハンド(マーク・マーゴリス)から、「翌朝10時までにヴァルを殺せ」と厳命されていたのである。28年前の事件の時にクラップハンドの息子が殺されていて、彼はそれにヴァルが絡んでいると思って恨んでいたのだ。ヴァルを殺さなければ、今度はドクの命が狙われる。

不自然な様子に、ヴァルも気づく。長い間ギャングとして一緒に仕事をしていた仲間なのだ。わからないはずがない。とにかく朝までの時間は思い切り騒ごうと決めた彼らは、とりあえずクルマを盗むことにした。首尾よく見つかったのは、「ダッジ・チャレンジャーSRT8」である。392 HEMIエンジン(6.4リッターV8)を積んだモンスターマシンだ。ヴァルにとってはクルマの運転も久しぶりで、エンジンすらかけられない。キーシリンダーが見つからないのだ。スタートボタンでエンジンを始動するクルマなんて、28年前にはなかった。

彼らは、もうひとりの仲間のもとへと向かう。すご腕のドライバーだったハーシュ(アーキン)である。認知症気味の彼は、老人ホームに閉じ込められていた。でも、ゴキゲンなクルマを見た途端、昔の記憶がよみがえる。腕は鈍っちゃいない。パトカーに追いかけられても、鼻歌でぶっちぎる。暴走老人が3人集まれば、最強のチームになるのだ。


第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大

第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大

第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大
「ダッジ・チャレンジャー」
「フォード・マスタング」の対抗モデルとして1970年にデビュー。消滅と復活を繰り返し、現在のモデルは2008年から販売されている。映画に登場するのは「SRT8」というトップグレードで、470psの6.4リッターV8エンジンを搭載する。
「ダッジ・チャレンジャー」
    「フォード・マスタング」の対抗モデルとして1970年にデビュー。消滅と復活を繰り返し、現在のモデルは2008年から販売されている。映画に登場するのは「SRT8」というトップグレードで、470psの6.4リッターV8エンジンを搭載する。 拡大

最期の瞬間はスーツ姿で

クールなジジイを楽しそうに演じている3人だが、大変なキャリアの持ち主だ。パチーノは『セント・オブ・ウーマン』、ウォーケンは『ディア・ハンター』、アーキンは『リトル・ミス・サンシャイン』でアカデミー賞を受賞している。高尚な文芸映画に出ていてもおかしくない名優が、夜中にばかの限りを尽くす演技を真面目な顔でやっているのが素晴らしい。彼らの“男の子の魂”を引き出した監督は、フィッシャー・スティーブンス。悪質なプロパガンダ映画『ザ・コーヴ』のプロデューサーをやっていた人だが、やればできる子なのだ。

ミッドナイトを駆け抜けた老人たちに、朝は容赦なくやってくる。決断の時には、身だしなみが大切だ。ダークなスーツに身を包み、男は自らの美学を貫く。アル・パチーノがトニー・モンタナを演じた『スカーフェイス』は、1983年の作品だ。この映画でヴァルが刑務所に入った時期とほぼ同じである。どうしたって、ヴァルがジジイになったモンタナに見えてしまう。あの時も、彼はスーツ姿で華々しく散ったのだ。

クリストファー・ウォーケンは、『セブン・サイコパス』でも若い世代を助ける老人の役をやっている。アラン・アーキンが『リトル・ミス・サンシャイン』で演じたヘロイン中毒のダメ老人は、死ぬことで家族の絆を取り戻すきっかけとなった。権力にしがみつき命を永らえることに執着する老人は醜いが、死に場所を見つけたジジイはとてつもなくクールだ。『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッドは、男なら誰もが憧れる最高の死を見せてくれた。こういう映画を見ると、早くタフなジジイになりたくなる。

(文=鈴木真人)


第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大

第63回:最強のジジイたちがチャレンジャーで夜を駆け抜ける!『ミッドナイト・ガイズ』の画像 拡大
『ミッドナイト・ガイズ』
11.16(土)ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国順次ロードショー
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト:http://midnight-guys.jp/
『ミッドナイト・ガイズ』
    11.16(土)ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国順次ロードショー
    配給:カルチュア・パブリッシャーズ
    公式サイト:http://midnight-guys.jp/ 拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。