初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール【東京モーターショー2013】

2013.11.21 自動車ニュース
プレスカンファレンスの様子。写真左は、今回の出展について説明する、テスラモーターズのケビン・ユー氏。
プレスカンファレンスの様子。写真左は、今回の出展について説明する、テスラモーターズのケビン・ユー氏。 拡大

【東京モーターショー2013】初出展のテスラはセダン「モデルS」でアピール

テスラモーターズは、2013年11月20日のプレスデイで開幕した第43回東京モーターショーに、セダン型の電気自動車(EV)「モデルS」を出展した。

ブース内に置かれた「モデルS」のベアシャシー。板状に見えるフロアの内部に、リチウムイオンバッテリーが敷き詰められている。
ブース内に置かれた「モデルS」のベアシャシー。板状に見えるフロアの内部に、リチウムイオンバッテリーが敷き詰められている。 拡大
こちらは、パナソニックのブースに展示された「テスラ・モデルS」。同社の開発したリチウムイオンバッテリーが、モデルSに採用されている。
こちらは、パナソニックのブースに展示された「テスラ・モデルS」。同社の開発したリチウムイオンバッテリーが、モデルSに採用されている。 拡大

今回、アメリカの自動車メーカーの中で唯一、ブースをかまえるテスラ。同社にとっても、今回が初の東京モーターショー出展となる。

詰めかけた報道陣を前にあいさつに立ったのは、アジア太平洋地域の担当ディレクターであるケビン・ユー氏。セダン型のEV「モデルS」が有する優れた動力性能(0-100km/h加速=4.4秒)や、航続距離の長さ(1充電あたり約500km)、エンジンがないためクラッシャブルゾーンが広く安全であること、さらに、急速充電のCHAdeMO(チャデモ)対応により日本の道でも便利に使えることなどをアピールした。

アメリカにおいて7万ドル以上で扱われている同モデルの国内価格は未定だが、受注は既にはじまっており、2014年春にはデリバリーもスタートする。

同社としては、モデルSの販売をステップに、今後は3万~4万ドル(約300万~400万円)クラスのニューモデルを開発し販売台数をさらに伸ばしたいとのことである。

(webCG 関)

関連キーワード:
モデルS, テスラ, 東京モーターショー2013, イベント, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

テスラ モデルS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
ホームへ戻る