第25回「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」

2013.11.23 水野和敏的視点

3リッターV6エンジンとモーターの組み合わせ

「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド」と「レクサスLS600hL」という生粋のサルーンに続いて、今週はスポーツカーメーカーがつくった異色のサルーン「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」を見ていきましょう。

パナメーラのハイブリッドモデルというと、36kmまで電気自動車(EV)走行が可能なプラグインハイブリッドタイプ「パナメーラS E-ハイブリッド」がすでに発表されています。しかし、今回テストする車両は従来型のハイブリッドモデルです。
過給機付きの3リッターV6エンジンに電気モーターを組み合わせ、メルセデス・ベンツと同様にエンジンとトランスミッションの間にハイブリッドモジュールを挟み、適宜、ガソリンエンジンをアシストするという構造です。これは、基本的に「ポルシェ・カイエン」と同じシステムで、ニッケル水素バッテリーがリアに搭載されています(ちなみに、E-ハイブリッドでは、バッテリーはリチウムイオンに変わりました)。もちろん、高速道路で条件がそろえばエンジンとトランスミッションを切り離す「コースティング」機能を備えます。最高出力はエンジンが333psでモーターが47ps。システム全体では380psを発生します。

ボディーサイズは全長がほぼ5m。メルセデス・ベンツSクラスやレクサスLSに匹敵する長さで、全幅については両車を上回る1930mmもあります。1420mmと際だって低い全高も特徴的です。パナメーラ、意外と大きなクルマなんですね。


第25回「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」の画像 拡大

第25回「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」の画像 拡大
ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:2020kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:8AT/エンジン最高出力:333ps/5500-6500rpm/エンジン最大トルク:44.9kgm/3000-5250rpm/モーター最高出力:47ps/1150rpm以上/モーター最大トルク:30.6kgm/1150rpm以下/タイヤ:(前)255/45R19/(後)285/40R19
ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース:2920mm/車重:2020kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッターV6DOHC24バルブ スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:8AT/エンジン最高出力:333ps/5500-6500rpm/エンジン最大トルク:44.9kgm/3000-5250rpm/モーター最高出力:47ps/1150rpm以上/モーター最大トルク:30.6kgm/1150rpm以下/タイヤ:(前)255/45R19/(後)285/40R19 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」のマイナーチェンジモデル登場 予約注文受け付けがスタート 2020.8.27 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年8月27日、マイナーチェンジした「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」の日本導入を発表。同日、予約注文受け付けを開始した。国内販売モデルは、全車8段PDKの右ハンドル仕様となる。
  • ポルシェが「パナメーラ」をマイナーチェンジ 高性能モデル「ターボS」「4S Eハイブリッド」登場 2020.8.26 自動車ニュース 独ポルシェは2020年8月26日(現地時間)、「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表した。本国では同年10月中旬に販売がスタート。日本への導入時期や価格は追って発表される見込み。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
ホームへ戻る